忍者ブログ
とんぼ玉をはじめ、いろんな手作りの楽しさが伝わればいいな。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「クロノスとカイロス(哲学)
ギリシャ哲学では時間の概念が2つあると言われている。「クロノス」と「カイロス」だ。
クロノスは皆さんもよくご存知の時計。外的時間の事である。
一方カイロスも実は皆さんご存知。
子供の頃は時間が流れるのが遅く感じたとよくいう内的な時間の事で、主観的な時間。
一番象徴的なのが一期一会的な体験。たった1度限りの体験なのにすごく濃密で長く感じられる。
クロノス的な時間概念から離れた場所にいると、
人はカイロスという濃密な時間を体験する事になるだろう。
自分は生まれてすぐ死んでしまう生命体は何の為に生まれたのか?
と、善の意識からではなく純粋に思い悩んだ事があって、
クロノス的にすぐに死んでしまわない自分に羞恥心を覚えたものだった。
だが、それらはそれらで、独特のカイロスが流れていると考えるとある程度合点がいく。
クロノスに追われないように、試しに部屋の時計をはずしてみるのも・・乙かもしれない。 」
 
「夢(映画)
黒澤明監督「夢」  1人の男の様々な夢を描いた映画。
最終話の盛大な葬式。葬式といえば暗いイメージだが、
その村で長寿を全うした人に対し、まさに祭りのように祝福し、
踊りや歌で盛り上がる。それを唖然と見つめる主人公。
ただ死とは暗いイメージばかりではなく、
明るいイメージもあると印象づけられるこの最終話は深いメッセージがある。
こうして書いている今も葬式での祭りの音楽と、踊りと掛け声が聞こえてくる・・・※
 
「キャタピラー(映画)
勇ましく戦場へと出征していったシゲ子の夫、久蔵。
しかし戦地からシゲ子(寺島しのぶ)の元に帰ってきた久蔵(大西信満)は、
顔面が焼けただれ、四肢を失った姿だった。
シゲ子はキャタピラーと化した久蔵を即、首を絞めて殺そうとする。
しかし、言葉を発しようとする久蔵の「お・・お・・」という言葉に耳を傾ける。
そして「おしっこ」だと分かり、思わず笑ってしまい、殺すのを忘れる。
ひょっとしたことで人の言動は変わり、
言動の根拠なんてしょーもないことがほとんどだ。すごく場当たり的。
食べて、寝て、SEXするだけの久蔵とシゲ子の
しょーもない人間の性質が繰り返し描かれる。
それと並列して戦争が描かれる。しょーもないことで戦争している。
それがすごくうまく表現できている。
敢えていうならしょーもない生き物であるかを自覚しているか否か。
 
人はしょーもないことで生き、しょーもないことで死んでいく、愛すべき生き物。」


上記の文章は、死んだ旦那のブログ記事から抜粋したものです。
本人の死生観みたいなものが、よく表されていると思います。
私と旦那は基本的に物の考え方が真逆で、それが良い刺激でもありましたが
どういうわけか死生観だけは、とても似通っていました。
しかし仮に、身近な人と生活パターン、趣味や好み、
家族観や結婚観、社会観などが同じだったとしても、
この死生観というものがあまりに違っていたら・・・
最後の最後で、妙なやりにくさや後味の悪さを感じることになると思うのです。
 
何が言いたいのかといいますと。
たまには身近な人と、互いの死生観について
軽く話題に出してみてはいかがでしょうか~ということです。
死生観という概念自体が怪しいものではありますが(笑)
自身にとっても周囲にとっても、プラスになると思います。
 
人間いつ何が起きるか分からないからね・・・
 
東日本大震災から一年が経とうとしています。
犠牲となった方々に心よりご冥福をお祈りすると共に、
あの出来事を忘れてはならないと、強く感じています。


※この祭りの音楽を、旦那の49日に流して親族で行進したのです~




 
PR

ジョンは人の優しさと残酷さを教えてくれた。
また、それを愛させてくれた。

楽しかった時も、そうでなかった瞬間も、
全部ひっくるめて、ほんとに貴重なものだったよ。

ジョンは知り合った時から最後の最後まで、
何だか、とにかくジョンらしかった。
とにかく全部が大好きだ。
たとえ誰がなんて言おうと、
最後にジョンが私を忘れていたとしても、大好きである。


お疲れさま、ジョン。

ジョンが好きだった映画「夢」のラスト・エピソード
「水車のある村」の葬儀のような、明るい葬儀にしてあげられなくてごめん。
・・・ふつう無理か(^。^;
でも私は終始、笑顔を消さなかったよ。
ジョンもそれを望んでるのが分かってたからね。

人生最後で決まるわけじゃない。
楽しかった時が少しでもあればそれでいいんだよ。
ジョンが言ってたこと、私もそう思うわ。





なわばり内での宅地建設工事が大掛かりになってきた為に、
一時、出入り自由を禁じられているハロー。。

急に外の世界が遮断されては相当なストレスだと思うので、
胴輪ハーネスでのお散歩を試みた。
でも家と家の間や車の下などを通り抜けられないのがイヤみたいで、
すぐ伏せてしまいます。

まあ、基本的に私について歩く猫だし、ハーネス無しでいいか・・・
と、2・3日はハーネス無しでお散歩。
でも帰りたがらないので、最後は抱っこして連れて帰るのですが、
ここで捕まるかどうかがヒヤヒヤものでした。

気が済むまで遊べば帰ってくるのですが、
その遊び場所が工事現場付近なのは分かりきっているから(ーωー;


なぜ工事にそこまで危機感を覚えるのかというと・・・
以前、別の宅地建設中に木材を運ぶトラックに紛れ込み、
2キロ以上も遠くへ運ばれてしまったことがあるからです。
その時は運ばれた先の近くの家の人が、
迷子札をみて連絡してくれたわけですが。


で、このままハーネス無しでの散歩を続けるか迷い、
もう一度、ハーネスを試してみました。

・・・びっくり。

まるで違う猫みたいに、ハーネスを受け入れてくれました。

ちょこちょこ隙間に立ち寄ろうとしても、
軽くハーネスを引くと軌道修正してくれます。
急にどうしてなのか・・・謎ですが。

いつものハローの散歩コースを、私の通れる道だけで回りました。

でもハーネスは受け入れても、帰宅は受け入れない~
やっぱり最後は抱っこで帰宅なのでした(笑)
我が家に子猫がやってきました☆

インターネットの里親募集で出会った生後4ヶ月の猫ちゃん。
野良猫が産んだ子で、最後に残った一匹。
保健所行きの危機があるとの事で引き取りました。

名前は「メル」
この名前は先住猫ハローとおそろいで、
こんにちはの意味を持つトルコ語の「メルハバ」から取りました。
世界の「こんにちは」から、呼びやすいものを選んだわけです。

さて、物怖じせず賢いメルは良いとして・・・
大変だったのが先住猫ハロー
新入り猫の存在にあたふた
一時は家の中にも入って来なくなってしまったので、
一旦ハローを家に閉じ込め、3日連続2時間に亘る説得をしました。
気持ちを込めて根気強く話かけた結果、再びハローは自ら家に入るように。
あぁ良かった。
今は2匹は部屋を隔離していますが、お互いの匂いには違和感がないようです。
もうしばらくしたら、再びケージ越しに顔合わせだね。

メルは細めの体で、4ヶ月にしては少し足腰が弱いかな?
という気もしますが、毎日元気に遊んでいます。

ハローはいつも通り食っちゃ寝の時しか家には帰って来ませんが、
以前にも増して外で相手してやってます。
ご機嫌取り~
ハローは私のペースに合わせて歩いてくれたり、
私がわざと瀕死の声を出す(笑)と、飛んできてくれたりする優しい猫です。
これまでと変わらず大切にしてあげたい。

それでは2匹のほのぼの写真をどうぞ
うちの猫はこれまでに2回迷子になってます。
一度目は外に出たばかりで野良猫に追われ、1ヶ月と7日行方不明。
二度目はなわばりだった公園で宅地建設工事が行われ、
木材を運ぶトラックに紛れ込んで2km運ばれて10日間行方不明でした。

行方不明になっている時の、あの喪失感っていうのは
何度経験しても慣れるものじゃないなと思う。

ハローが遊びに行こうとしてる時。
この後ろ姿を見ると、いつもあの嫌な喪失感を意識させられるんだよね。
だって猫にとって外は危険がいっぱいでしょ
生きて帰ってきてくれるのは奇跡かも知れない。

外へ出れば近所の猫とケンカして、傷を作って帰ってくることも多い。
ハローの方が弱いから、いつも追いかけられてビクビクしてるよね。
それだけ危険な目に遭って、外に懲りてくれればいいのに
閉じ込めると、なんとか窓を開けようと生爪剥ぐほど板を引っかいて
血だらけになっていたり・・・困った子なのよ(-.-;
(写真で板が捲れてるのはそのせい)

ハローが行方不明の時「何処かで元気に生きている」なんて
自分に言い聞かせるような事はしなかった。
それをやってしまうと、してやれる事に手を抜いてしまいそうだったから。
やれるだけの事をやりつくして、それでも見つからないという絶望的な状況になると
今度は「遺体だけでも…」と思うようになる。
どうしても、遺体だけでも、って気持ちになっちゃうんだよね。

でもたぶん、ハローの最期に逢える可能性は低いだろうな。
あの喪失感っていうのは、何かで埋める事も、忘れる事も出来ないように思う。
ただ多分、それと寄り添いながらでも、前には進めるような気はしてる。

ハローが帰ってきた時の写真。
あと何回、この瞬間があるだろう。


東日本大震災から3ヶ月。
未だ8000人以上の方が行方不明だそうです。
必死で遺体を探す家族の気持ち、私も少しは分かると思う。
一日でも早く、一人でも多くの人が見つかりますように。
4月1日から、有楽町駅の交通会館にて
風評被害に苦しむ福島・茨城の農畜産物の直売イベントが開催されています。

昨日はお休みだったので、足を運んでみました。

そこでおにぎりの試食をやっていたので、おひとついただき☆

塩おにぎりにしてあったんだけど、一口食べてびびった。。
舌の肥えていない私が、味の違いが分かったのよ。
え~・・・?なにこれ、すごく美味しい・・・
福島のこしひかりって、こんなに美味しいんだ。。。

しかも塩加減も絶妙で、塩もごはんを引き立ててるし、
ごはんも塩を引き立ててる。
大の「塩味好き」の私だけど、一番美味しい塩味ものでした。

あ、塩味の話になってしまった
でも、あれだね、美味しさをわかってもらう為に、
一生懸命味付けしたのかも知れないね。
塩おにぎりってよく作るけど、塩の量がなかなか難しいんだよね。

お米は重たいから正直買うのは迷ってたんだけど、1.5キロを2袋買いました。
マイカーなんてない(それ以前に免許もない)から、家まで腕がちぎれそうでした(笑)

それから野菜。
福島出身の友人おススメの、たらの芽はなかったけど、
長ネギ、きゅうり、レタスをゲットしました♪

長ネギ7本200円、きゅうり5本200円、レタスまるごと100円・・・とかなり安かった。
買いすぎちゃって(これ買占め?)、お隣さんにもおすそわけ。
食べてみたけど、ほんとにみずみずしくて美味しかったよ!


イベントは5月8日まで開催されるようなので、ぜひみなさんも行ってみてね!

風評被害を吹き飛ばせ~~

カマキリって、はっきり視線を合わせてくれるよね。

見上げてみたり、斜に構えてみたり、首も自由自在に動かして
いろんな角度からこちらを認識しようとしているのが可愛い。

カマキリによっては何十分でもじーっと凝視してくるので、
こちらが根負けしちゃうんだけど。(何の勝負?)
カマキリにしてみれば、こちらの弱点を探しているのかな?

他の昆虫もこちらを見てるんだろうけど、
複眼だったりすると、イマイチどこを見てるのかわからないんだよね。

カマキリ好きの旦那は
「目を合わせてくれるから、カマキリは人気があるんだよ」と言う。…けど、
カマキリってそんなに人気あったっけ。

でも視線を合わせてくれると、たしかに好意が湧きます。
それは人間も同じだな。
あっ、でも日本人は恥ずかしがり屋さんだから、苦手かな。
苦手な人もそうでない人も、ぜひ一度、視線を合わせてみてくださいね。
カマキリと


家の周りにいたアマガエルとヤモリ。
アマガエルは本当に愛らしいですね~~。
ヤモリは”家守” 縁起のいい生き物なんだよ☆
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[05/08 Rudolphpiek]
[08/07 まさみ]
[07/30 jogson]
[08/11 まさみ]
[08/08 jogson]
[01/13 まさみ]
[01/07 jogson]
プロフィール
HN:
まさみ
HP:
性別:
女性
趣味:
とんぼ玉作り,山歩き,      バイオリン遊び
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析

Copyright © [ 創作といろいろ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]