忍者ブログ
とんぼ玉をはじめ、いろんな手作りの楽しさが伝わればいいな。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


”みみ先カット猫のお話”という写真集を買ってみた。

野良猫に不妊手術を施し、その目印として耳先をV字にカットするんだそう。
それが数を増やさない猫という目印になり、殺処分を免れるということです。

野良猫の数を増やさないように、というのも人間側の都合。
街の片隅に野良猫のいる生活って、私は好き。
殺処分ゼロ=野良猫ゼロ というのでは、少し悲しい。
しかし、そういうのもひとつの命を救う手段なのかな。。

うちのハローも、避妊手術をしています。
子猫を産んだ場合、もし貰い手が見つからなければ、うちで面倒を見る責任が生じます。
数匹であればうちの状況でもそれは可能ですが、
繁殖期は一度ではない、何度も訪れるわけです。
そう考えると、やがては不幸な猫を生み出してしまう可能性も、否めません。

猫の殺処分は年間20万頭だそうです。
おそらく殺処分する人々も、命の重さは知っていると思います。

ただ、これだけは間違えたくないなと思うこと。
「いろんな考え方がある」というだけでまとめてしまうのは、
一番、無責任なのではないかと。
重要なのは、そこを踏まえた上で、責任を持って何かを選び取るということ。
そこからじゃなきゃ、何も変わらないと思うので・・・。

この写真集の著者、公益財団法人どうぶつ基金のホームページ
http://www.doubutukikin.or.jp/
今年2月に公益認定を授かったばかりなんですね。
こちらのホームページに「買わずに飼ってね」という項目があります。
ペットを飼う時は、ペットショップではなく保健所などから引き取って、ということ。
私自身もペットショップの存在は、ちょっと微妙に思う。。

うちのハローも野良猫の子でした。
もっと同じように野良猫を引き取りたい、と前々から思っているものの、
現実問題ハローが大の猫嫌いなので困っています。
家出しちゃったりするのかしら・・・?
悩みどころです。いや本当に
PR

 

 LIFE   加島祥造

ちょっと前に、友人がプレゼントしてくれた本です。

中国の思想家「老子」が残した言葉と、その解説が書かれています。
実は私は初めて老子を知りました
老荘思想と仏教を合わせた「タオ」っていう教えがあるんだそうです。
(老荘思想とは、老子と、その弟子の荘子の思想を合わせたものだそう。)

自然の営みに寄り添った奥深い言葉達。
人生どっしり構えていられるような気分になります。

この本に書かれている言葉って、私の世界観に近いなあと思いました。
時に過酷な世の中や、命の営み。
それらへの向き合い方も、それぞれに違う。
いくら語ろうとも、そうそう伝わるものじゃない。

…そんな中で、ふいに
「これ、あなたが好きそう」
って、こういう本をプレゼントされた事は、ちょっと衝撃的でした。
大袈裟じゃなくて(≧ω≦)嬉しいですね♪

この本の中で、特に印象に残った言葉をいくつか。
『生まれるものは何であれ
 みんなあなたより深いところからくる
 起こるものは何であれ
 みんなあなたより高いところからくる』

著者が一番驚いたという老子の言葉で、私も気に入ってるもの。
『美しいものは汚いものがあるから美しいんだ
 善だって悪があるから善と呼ばれる
 すべてのものはその名前の裏にあるものに
 支えられているんだ』

そして、一番素敵だと思った言葉・・・☆
『奇跡とは水の上を歩くことではない
 いまこの地上を歩いていることだ』



山田詠美の小説短編集。

「蝶々の纒足」
瞳美とえり子、幼馴染みの二人の関係を「女」という軸から
様々な角度で捉えたお話。
幼い独占欲や嫉妬心をほどいて、心も身体も少女から大人の女へと
成長していく過程が生々しく、そして切なく描かれています。

「風葬の教室」
家庭の都合で転校を繰り返し、学校ではなるべく
目立たない存在であろうとしていた主人公。
しかし些細な事からいじめの標的に。
その復讐は死の空想と、女の魅力を武器としたものだった。
女性の陰湿な逞しさが際立つお話。

「こぎつねこん」
愛情に包まれた幸福感の中から首をもたげる失う不安、死の恐怖。
誰もが経験した事のあるような不安の中に、
誤魔化しようもなくそっと身を沈める哀しみと、強さ。  
 


この「蝶々の纏足 風葬の教室」は何年か前に
旦那おすすめで読んで以来、印象に残っている小説です。
何気なく読み返してみたので記事にしました。

小説って、すご~く自己主張が激しいと思う。
ひとりの人間の言葉だけで構成されているからだろうか…
個人の感性をどこまでも掘り下げた深いものである半面、
個人の思想だけで構成された狭い世界でもある。
対話はできないのに、ページをめくると途端に主張を始める心。
昔はそれを覗くという事に奇妙な感覚がしていたものです。

この「蝶々の纒足 風葬の教室」も、これほどリアルな心理描写に
著者の個性が強く表されているのだが、しかし。
ともすれば自分の主観の塊になってしまいそうなテーマを、
それと感じさせない巧みさで書き上げているように思う。
誤魔化しや都合の良い救いはなく、人間の心と身体の細部、
それを取り巻く世界の仕組みを、ありのままに観察しているように思います。

自分の感性を掘り下げつつ、そうした観察力で自らの作り上げる物語から
一歩引いた目線が加わっているがゆえに、そこに奥ゆきある世界が広がる。
物語の中に、人の心を見つめる静かで温かい視線が存在するようでした。
 
特に「こぎつねこん」で表現されている類の死の恐怖は
男女問わず共感する人が多いのではないでしょうか。

HOME
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[05/08 Rudolphpiek]
[08/07 まさみ]
[07/30 jogson]
[08/11 まさみ]
[08/08 jogson]
[01/13 まさみ]
[01/07 jogson]
プロフィール
HN:
まさみ
HP:
性別:
女性
趣味:
とんぼ玉作り,山歩き,      バイオリン遊び
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析

Copyright © [ 創作といろいろ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]