忍者ブログ
とんぼ玉をはじめ、いろんな手作りの楽しさが伝わればいいな。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

神奈川県の矢倉岳に登ってきたよ~

ここもジョンと登った山。

ほとんど記憶にないけど、
たしか道も分かりやすくて、気軽に歩ける山だったはず・・・ということで、
冬の単独登山に選びました☆


日当たりの良い、なだらかな山道をてくてく歩いて、
あっという間に山頂(笑)

間近に富士山。
天気にも恵まれて、気持ち良かった

記念写真も。

ちなみにこんな軽装で登ったわけじゃないからね、もちろん♪
頂上に着く頃には暑くて脱いじゃったけど、
雪山の装備で登ってました(爆)
どんな低山でも、簡易テントも必ず持って行きます~
私、ダメダメだから、万が一迷ったときの為にね

メイン・アルバムも、よろしくです。
http://nyahho.web.fc2.com/yakuratake2012/html/index.htm

さて、今年の山歩きは、これで最後。
また来年~

みなさま、良いお年を・・・







PR

4回目の倉岳山登山

コースは鳥沢駅~高畑山~倉岳山~梁川駅

ここは低山ながらも、道迷いが多い山です。
いや、低山だからこそ・・・
初心者が気楽に入って、油断して道に迷うのかも知れない。。

2004年9月、単独で挑み、登りの沢沿いで道に迷って下山。
すぐに異変に気付いて、引き返したので事なきを得ました。
2004年10月、今度は方向感覚の良いジョンを連れて行き、
ラクラク登頂するも、下山中にまさかの道迷い。
ジョンが正規ルートを発見してくれたけど、単独だったら、たぶん死んでる。
2010年5月、友達も連れて3回目の倉岳登山。
ジョンも2回目だし、人数も多かったので、何事もなく登山を終える。


・・・で。
今回、8年越しに、単独登山リベンジを果たせたわけです☆

実際この山って、道が分かりにくいんですよ。。

道に迷って沢や崖に転落し、死亡する事故も起きてるし、
他に行方不明者も複数出ているようです。


その山に、方向音痴でありながら 再び単独で挑むにあたり、
万全の装備以外にも、あれこれ対策を考えました。

対策1つ目は、ピンクのビニール紐。
ほんのちょっとでも怪しい道があったら、
自前のピンクの紐を木に結びながら進む。(←勝手にw)
登山中に紐をカットしてると時間のロスになるので、
あらかじめ1mくらいにカットして持参。
これをやる場合、下山も同じコースにして回収しなきゃだけど、
幸い、紐を使う事態にはなりませんでした♪

対策2つ目は、他の登山客(爆)
比較的、登山客が多くなる土日を選び、
できる限り早く出発し、本当に必要な休憩以外は取らない。
そうすれば、その日の登山客の、ほぼ先頭に位置していられるので、
怪しい道の前で右往左往しているうちに、誰かが来ます!
1回、登りの沢沿いで道に迷っていると、
他の登山客が来て、正規ルートを発見してくれました☆
こればっかりだと、あんまり単独登山の意味がないけど、
生きて帰ることが、第一目標だからね


そんでもって、着いたよ頂上~~
 
この日は快晴で、富士山もよく見えました


このあと、下山は梁川駅方面へ。
道迷いは下山中に多いらしいので、気を引き締めて。
 
沢沿いの道は、相変わらずの不明瞭さ。
でも以前より、目印や看板が多くなったと感じました。
やっぱ迷子さんが多いから?

この時期は、落ち葉で道が不明瞭になることに加え、
冬眠前で熊が活発になるとのことで、ドキドキでした

でも思ったよりも、正規ルートからそれることもなく。
無事に登山を終えることが出来ました。

やっぱり緊張感が大事なのかもね~☆



こちらメイン・アルバムです。
http://nyahho.web.fc2.com/kuratake2012/html/index.htm






秩父の両神山に登ってきました。

ここはお気に入りの山で、今回で3度目です。
オコジョに出会ったこともあるんだよ~

これまでの両神山は夏に登っていましたが、
今回は紅葉狩りもかねて、ジョンの誕生日登山です☆

序盤は鬱蒼とした沢沿いを、行ったり来たり。
 
沢のあたりは迷いやすいので、ちょっと注意しないと・・・

何度か怪しい道に入ってしまい、
あたりを見回すと、全然違う方にピンクの目印テープがあったりしてね。
この山は、分かりにくい道に、
これでもかってほど目印テープがあるから、ありがたいです

終盤は鎖場が多くなります。
それもこの山の楽しみのひとつだね♪
 
でも私、鎖場で鎖を使うの、苦手です(爆)
身体が左右に揺れて、岩にぶつかるぶつかる
鎖の扱いが下手なのかな~
登りは比較的、鎖を使わなくても行けるんだけど、
下りは使わないと、どうにも下りれないです。。

頂上の記念写真!
 
アカヤシオが、みごとに紅葉していました。
何年か前、5月に登ったときには、
ピンクの鮮やかな花をつけて、私たちを楽しませてくれたアカヤシオ♪
(その木の根元に、例のブツと、好物のたけのこの里を・・・

この日、頂上に新しいミニ看板が設置されていました。
写真に写ってる、青い小さな看板。
裏にこの日の年月日が書かれていて、
他の登山客たちも、記念写真を撮ってましたよ~
ちょっとラッキーな感じ


頂上から見た紅葉も綺麗だったんだけど、
登ってる時の方が、山肌の紅葉が間近で見れて綺麗だったなあ~
木々に遮られて、あんまりよく見えなかったけどね(笑)


今回も、無事に楽しい登山をすることが出来ました☆


ところでこの山、関東の日帰り登山として紹介されてるけど、
バスも乗り継がないと行けないし、かなりスケジュールぎりぎりよん。
これまでの2回も、時間ぎりぎりだったしね。
登山は焦ると危険なので、うかつに誰かを誘うこともできません。

私は今回の登山はツェルトも持ってたし、
ブランクも空いてなかったから、体力的にも余裕でした。
水飲む時くらいしか立ち止まらなかったもの。
おかげで早く下山しすぎて、延々とバスを待つはめになったけどね~


メイン・アルバムはこちら♪
覗いてみてね~
http://nyahho.web.fc2.com/ryoukamiyama2012/html/index.htm







タイトルがちょっと意味不明ですが(笑)
磐梯山登山と、会津観光してきました♪

磐梯山は、気楽な紅葉狩り気分で臨んだら、エライ目に遭いました。。

紅葉越しの頂上。

上のほうはガスと突風で大変でしたよ~~
風で前に進めないんだもん
息もできないし。

でもなんとか登頂して、ちゃっかり紅葉写真も撮ってきたけどね
 
メイン・アルバムも、よろしくね~
http://nyahho.web.fc2.com/bandaisan2012/html/index.htm


登山疲れもなんのその?
夜には新潟の友人と合流し、ふじみ旅館で飲み会
新潟の「能鷹」と、福島の「榮川」の飲み比べ♪
能鷹は辛口ですっきりした味わい、
榮川はまろやかで飲みやすい感じ。
両極端だったけど、どっちも美味しかった
・・・ただの日本酒好きじゃん!とか言わないでねw

日本酒って、味がまろやかでもきつめでも、
味わいを楽しんで飲めるからイイよね~~


次の日は鶴ヶ城でアルコール分解(爆)
 
鶴ヶ城と、100パーセント・グレープフルーツジュースのコラボ。
なぜか気に入ってる写真!

今回は鶴ヶ城の中に入ってみました。
土台部分は400年前のもの。
やっぱしそうだよね、城跡でもだいたい土台は残ってるもんね。
でも、そこが地下室代わりになっていて、
塩とか非常食を保管してたってのは、ここではじめて知りました

あと、中に白虎隊の肖像があったんだけど、
ひとり「少年の頃から酒と学問を愛した」と紹介されていた。
その微妙な組み合わせが、ツボりました!
酒「の」学問・・・ではなくて?w
あぁ私だったら、「酒とつまみを愛した」になってしまう~


それから喜多方ラーメンも食べたよん
以前にも入ったことあるお店、上海。
 
あっさり上品な味なんだよね、これはハマるわ!
3人とも無言で一気に平らげたしね。
カニか~w

ここは、さりげにお店の佇まいも良いです☆
路地裏の古い店の一角、老舗のラーメン店って感じ。
喜多方ラーメンなら、ここだね~(^^♪


お土産の「そばらくがん」と「大河ドラマ記念ピンバッチ」

ピンバッチは、ふじみ旅館でもらった宿泊者限定品!
来年の大河ドラマは、新島八重の生涯を描いたものなんだって。
その記念品だよ~~






9泊10日で、マレーシアとタイに行ってきました♪
今回の旅の主旨は「何もしてないをする」(byくまのプーさん)

ほとんど何もしなかったにしても、旅の内容を全部を記事にすると
とんでもなく長くなるので、アルバムにしました~
簡単にまとめてあるので、覗いてみてね。
http://nyahho.web.fc2.com/malaysiathai/html/index.htm


ここではマレーシアの野良猫たちを紹介します。

クアラルンプールの町で出会った猫。
なわばりの見回り中かな?


同じくクアラルンプールの、セントラルKL駅にいた猫。
夫婦っぽいです。


夫婦猫の近くには、子猫たちが。
植木鉢にかたまってる姿がカワイイ。


私の目の前で授乳中。
ほとんど人間を警戒していない感じ。


ペナン島の船着場にも、にゃんころりん。


クアラケダの船着場にも。
じーっと見つめる先には・・・

茶トラの猫がおりました。
地元の人によると、2匹は「フレンド」なのだそうです。

 
アロースター駅周辺の出店にいた猫。
かなり人なつっこかった。
ここの残飯もらってるんだろうね♪


マレーシアに着いて、まず目を引いたのが
車体全部がキャットフードの広告になってる電車でした(笑)
その時に猫とたくさん出会える予感がしましたが、案の定。

町でも人々が猫をかまっている場面がよく見られ、猫好きオーラ全開!

調べてみると、イスラム教で犬を忌み嫌っていて、
それが転じて猫好きになっているようです。
イスラム教徒を迫害していた異教徒が、
犬を使ってイスラム教徒を見つけていたんだとか。
それで犬まで嫌がられちゃったのね。。

マレーシアでは猫グッズもたくさん売ってたみたいなので、
もっといろいろ店も見てみれば良かったな~と思いました







先日の日曜日に、またもや富士山登ってきましたよ~
メンバーふたり、初の富士宮口です♪

静岡県の海を見下ろしながら登ります。
空に浮かぶ鳥居
一番お気に入りの写真だよん。

いい景色なんだけど、登るのは毎回キツイ。

「♪酸素~ください~」(「ZOO」♪愛を~ください~の節で)
こんな替え歌をホントに口ずさんでいた。
しかも登山客に「こんにちは」と言われて「にゃにゃ~ん」と返してた。
頭がおかしくなる理由は、きっと脳が酸欠になるからだよね


富士宮口の頂上!

良いお天気だったので、予定通り剣ヶ峰にも行ってきました。

頂上から左に進むと、すぐそこには最高峰の剣ヶ峰。
すぐそこなんだけど、けっこう斜面がきついのよね。


やった~8年ぶりの剣ヶ峰☆
この日も混雑はしてたけど、行列なしで良かった(笑)

初の富士宮口ルートも、新鮮で楽しかったです


メイン・アルバムもよろしく♪
http://nyahho.web.fc2.com/hujinomiya2012/html/index.htm 


実のところ、この日も肥料まき。
だって、余っちゃったんだもん(爆)
さらにまだちょっと余ってる・・・
これからは紅葉の時期だし、紅葉狩りもかねて、ツェルトでも買って
どっか思い出の山に、のんびり肥料まきしてこようかと企んでます♪

でもその前に、私はあさって15日から24日まで
タイ&マレーシア旅行に行ってきます!
マレーシアではランカウイ島に渡って、水上コテージでゆっくりする予定です。
たっぷり癒されてくるぞ~






 
急に富士山で夜登山がしたくなり、
その日の夜には、富士山五合目に立っていました(爆)

おなじみの吉田口から登ろうと、普通列車でのんびり河口湖駅まで。
このとき間近で見た富士山は、中腹から上が雲に覆われていました。
“あ~厳しいかな・・・”
と思ったけど、とりあえず最終バスに乗り込む。

五合目に到着すると、きれいさっぱり晴れていました。
1時間足らずのうちに、あの分厚い雲はどこへ??
これは「登れ」ってことか(笑)

しかし五合目からすでに寒く、フル装備になっちゃいました
低酸素に慣れるべく五合目でゆっくりしつつ、
建物に影にかくれて寒さを凌いでました。
そうして「寒い!もうじっとしてられない!」といったあたりで、
のそのそと登り始めました。
 
暗闇の中、ヘッドライトで足元を照らしながら登る。
人が集中してるあたりでは、まぶしいくらいなんだけど(笑)

基本的には真っ暗です。
満天の星空がめっちゃきれいだったんだけど、カメラには写ってくれませんでした
デジカメに「星空モード」ってのがあったんだけど、それでもダメでした。

暗いと眠くなってきます。。。
七合目までは登りもゆるやかなので、
手で岩壁をつたいながら、目をつぶって登ってました。

その岩壁からひょっこり植物が顔を出していたり♪

イワツメクサ。
夜でも花を咲かせているんだね☆


でも平和だったのは、八合目まで。
八合目に入ったあたりから、急に寒さがきつくなってきました。
山の本格アンダーウエアでも、立ち止まるとやっぱり寒くて震えます。
私の富士山での震えって、下界の真冬の朝とかの震えとは違って、
なんかこう、内臓が痙攣してるみたいで、気持ち悪いんですよ~

前回登ったときは5時間で登ったのですが、
今回は出発時間が早かったので、もっと時間をかけなくちゃいけない。
でないと、日の出の時間に頂上に着いてしまう。
私はそれだけはマズいの!

なんでかっていうと、ちょうど日の出のあたりの時間、
頂上の気温は氷点下なのよ。
以前、ご来光の時間に合わせて頂上に着いたら、
寒さで低体温症になりかけて、意識失っちゃったことが。。
その時はジョンが対処してくれたけど、今回はジョンもいないわけだし。
あ、いるにはいるけど、肥料なわけだし。

そんなわけで、日の出の1、2時間後あたりに頂上に着くようにしたい。
なおかつ寒くて耐えられなくなるから、止まることもできない。
登山道を無意味にジグザグ歩行したり、
山小屋の前の平らな登山道を行ったり来たりしたり。
必死で時間稼ぎしてました


そして・・・

救いの手が差し伸べられました~~
ご来光!!
 
こうなると、もうこっちのものです!(笑)
一気に気温が上昇していきます。
ニット帽とパーカーを脱ぎ、身軽で登っていきました。

しかし、実際は全くこっちのものではなかったのです。。
今度は酸素が薄くて、苦しい!
ゼーハー言いながら、やっとの思いで登ることに・・・
今までこんなに苦しかったかな?歳のせい??

浅間大社境内に入り、頂上が見えてきました。
ラストスパートの急岩場。

このへん、疲労と眠気のピークで、あんまり記憶ナシ。

でもなんとか辿り着くことができた・・・
頂上!!
 
すっごい良い眺め。
富士山7回登った中の、2回目の晴天
よかった~~


さっそく火口へ☆

例によって例のごとく、肥料まき。
これにて、やっと!
ジョン希望場所の肥料まきが、完了しました
グアムのタモンビーチの沖とか、富士山の火口の中とか・・・
そんなピンポイントで指定してくる人も、あんましいないよねw

さて~火口の向こう側には、日本最高峰の剣ヶ峰が。

ズームしてみましょう。

写真待ちの列・・・

えっと。
じゃあ、私はこれにて!(爆)
最高峰は次回、富士宮口からのお楽しみにとっておくね♪

ジョンと行ったときなんかは8月のお盆あたりで、
もっと人がいそうな感じだったけど、そのときは行列なんてなかったなあ。
近年の山ブームで、さらに登る人が増えたのかな。


あとは長~い砂走りを下って下山。

晴れるとたちまち暑くなるんだよね。
水は1リットルで足りるって書いてあったけど、私は1.5リットル持参。
それでもギリギリだった。
次回は2リットルは持っていこう。。

今回も無事に登山を終えることができました。
富士山に感謝!



こちらメイン・アルバム~
http://nyahho.web.fc2.com/hujisan2012/html/index.htm







HOMENext ≫
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[05/08 Rudolphpiek]
[08/07 まさみ]
[07/30 jogson]
[08/11 まさみ]
[08/08 jogson]
[01/13 まさみ]
[01/07 jogson]
プロフィール
HN:
まさみ
HP:
性別:
女性
趣味:
とんぼ玉作り,山歩き,      バイオリン遊び
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析

Copyright © [ 創作といろいろ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]