忍者ブログ
とんぼ玉をはじめ、いろんな手作りの楽しさが伝わればいいな。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



山田詠美の小説短編集。

「蝶々の纒足」
瞳美とえり子、幼馴染みの二人の関係を「女」という軸から
様々な角度で捉えたお話。
幼い独占欲や嫉妬心をほどいて、心も身体も少女から大人の女へと
成長していく過程が生々しく、そして切なく描かれています。

「風葬の教室」
家庭の都合で転校を繰り返し、学校ではなるべく
目立たない存在であろうとしていた主人公。
しかし些細な事からいじめの標的に。
その復讐は死の空想と、女の魅力を武器としたものだった。
女性の陰湿な逞しさが際立つお話。

「こぎつねこん」
愛情に包まれた幸福感の中から首をもたげる失う不安、死の恐怖。
誰もが経験した事のあるような不安の中に、
誤魔化しようもなくそっと身を沈める哀しみと、強さ。  
 


この「蝶々の纏足 風葬の教室」は何年か前に
旦那おすすめで読んで以来、印象に残っている小説です。
何気なく読み返してみたので記事にしました。

小説って、すご~く自己主張が激しいと思う。
ひとりの人間の言葉だけで構成されているからだろうか…
個人の感性をどこまでも掘り下げた深いものである半面、
個人の思想だけで構成された狭い世界でもある。
対話はできないのに、ページをめくると途端に主張を始める心。
昔はそれを覗くという事に奇妙な感覚がしていたものです。

この「蝶々の纒足 風葬の教室」も、これほどリアルな心理描写に
著者の個性が強く表されているのだが、しかし。
ともすれば自分の主観の塊になってしまいそうなテーマを、
それと感じさせない巧みさで書き上げているように思う。
誤魔化しや都合の良い救いはなく、人間の心と身体の細部、
それを取り巻く世界の仕組みを、ありのままに観察しているように思います。

自分の感性を掘り下げつつ、そうした観察力で自らの作り上げる物語から
一歩引いた目線が加わっているがゆえに、そこに奥ゆきある世界が広がる。
物語の中に、人の心を見つめる静かで温かい視線が存在するようでした。
 
特に「こぎつねこん」で表現されている類の死の恐怖は
男女問わず共感する人が多いのではないでしょうか。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
山田詠美の作品は「晩年の子供」を読みました。

読んでないかもしれないのでネタバレは控えます。はい。

感想は、その「こぎつねこん」に似てますね。
子供ゆえの恐怖心。でもって、それは誰もが経験したようなリアルなもので。

そういう「あるある」な感情を巧みに表現できるって、やっぱ小説家のスキルはすごいなぁ、なんて思ったり。
やまさん 2008/09/23(Tue)23:20:05 編集
» 秀逸☆
>やまさん

「晩年の子供」はまだ未読☆

山田詠美さんの小説は、子供から大人に変わる時期の
心の変化を扱ったものが多いみたいね。
成長っていう時間の流れとか、その中におかれた心の光と影の調和が
本当にリアルに「あるある」感を感じさせるなあと思う。
…ちょっと褒めすぎかな?(笑)
まさみ 2008/09/24(Wed)22:16:24 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[05/08 Rudolphpiek]
[08/07 まさみ]
[07/30 jogson]
[08/11 まさみ]
[08/08 jogson]
[01/13 まさみ]
[01/07 jogson]
プロフィール
HN:
まさみ
HP:
性別:
女性
趣味:
とんぼ玉作り,山歩き,      バイオリン遊び
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析

Copyright © [ 創作といろいろ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]