忍者ブログ
とんぼ玉をはじめ、いろんな手作りの楽しさが伝わればいいな。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



とーっても久しぶりの映画館。
ワルキューレ、観てきました。

舞台はナチスドイツ。
ヒトラー暗殺計画を描いた作品で、実話が基になっています。

国の平和のためにヒトラーの暗殺計画を企てる
将校シュタウフェンベルク大佐。
史実になぞらえた構成は、
派手な盛り上がりもなく淡々と進んでいきますが、
最後まで引き付ける内容でした。

恐怖の独裁者へと成り果てたヒトラーですが、
彼の暗殺計画が、40件はあったと聞きます。

独裁国家に立ち向かう人々の強い精神。
しかしシュタウフェンベルク大佐の暗殺計画も失敗に終わり、
仲間共々、処刑されてしまいます。
成功を信じていた彼らの絶望の瞬間には、心が痛みました。

しかし過去に過ちがあったからこそ、
国家の恐ろしさに個々が向き合ったからこそ、
今のドイツの思慮深さがあるのだと思います。

大きな流れの中のひとつひとつの命を含め、
歴史は今を形成しています。
スリリングな暗殺計画もさることながら、
歴史を紡ぐことの偉大さを、あらためて感じました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
こんばんは~♪
史実に基づいているので、ワルキューレ作戦が失敗すると分かっていても、、、とってもドキドキさせられました~
だけど、もう少し深みが欲しかったのが正直なところです。
こういう映画を観ると、重々しさを感じたり、何か考えさせられたりすることが多いのですが、、、コチラは何故かそういう感じがありませんでした。
もう少し作戦に関わった人たちの心理などを描いても良かったかなぁ~と思います。
由香 URL 2009/04/17(Fri)23:51:24 編集
» こんにちは♪
ご無沙汰しております。
TB&コメントありがとうございました~。

史実モノはいいですね。
こういうことがあったのか~と改めて思わせてくれます。
>ドイツの思慮深さ
同じ敗戦国で日本とドイツは違う道を辿りましたものね。
ミチ URL 2009/04/18(Sat)14:53:40 編集
» こんばんは
まさみさん、こんばんは!

シュタウフェンベルクの意志の強さがなければ、あそこまで肉薄できなかったでしょうね。
もし彼と同じくらいの覚悟の人間がもう数人いればと思っちゃいます。
はらやん URL 2009/04/18(Sat)21:39:19 編集
» こんばんは
ドイツ人的には、この映画に対しても賛否両論な様ですが、ハリウッドが作ったという事は一定の意味があると思いますね。
まあハリウッド映画ならではの限界も見えてしまった部分もありますが、良く出来たサスペンスでもあり、個人的には結構好きな作品です。
ノラネコ 2009/04/19(Sun)00:26:04 編集
» コメントありがとうございます♪
>由香さん

この映画の、人物の掘り下げの浅さは残念でしたね。
シュタウフェンベルク大佐が暗殺計画を企てるに至るまでの心理が、
まったく描かれていないのは気になりました。

あまり物語性を持ちすぎても見え透いた印象になるし、
逆に淡々としすぎても教材っぽくなってしまいますよね。


>ミチさん

ご無沙汰しておりました。
覚えていて下さったのは感激・驚きです

ワルキューレはわりと史実に忠実らしくて勉強になりました。
同じ敗戦国として、日本もドイツに見習うべき点は沢山ありそうです。


>はらやんさん

本当に独裁政権に立ち向かう意思の強さには、敬意を感じます。
それだけに、そうした心理的な面がおざなりだったのは残念でしたね。
…北朝鮮の内部にも、こうした意思の強い者が現れたら…と、
ふと思ってしまいました


>ノラネコさん

ドイツではトム・クルーズの宗教問題に賛否があるようですね。
ハリウッド映画ならではの、豪華な歴史舞台の再現や、キャスティングでした。
ハリウッド映画にそれほど詳しくない私は
あまりイメージの先行もなく観られましたが、
ドイツの話なのに、全員英語な不思議ワールドではありました(笑)
まさみ 2009/04/19(Sun)22:09:28 編集
» 無題
今日DVDで観ました。
少し難しかったですw

最後まで見て、
ある程度内容わかった感じです。

大佐の精神がかっこよかった。
きゅん URL 2010/09/14(Tue)05:00:01 編集
» きゅんさん
コメントありがとうございます

私もちょっと難しかったです、この映画。。
淡々と進んでいくし、映画鑑賞の時点でワルキューレ作戦を知らなかったので、
もうちょい予備知識を持って望めばよかったかな、という感じです(^。^;

鑑賞後は改めて国家や、その暴走に立ち向かう精神の強さを考えさせられました☆
まさみ 2010/09/15(Wed)20:01:22 編集
» Вначале я был обыкновенно удивлен.
В отличие от нашей державы в Германии проституция совсем законна. Правильно оно иль нет не мне размышлять.
все-таки мне посчастливилось попасть в некий из борделей. случилось оно в Кельне, во время странствия по Старому Свету. вначале я был естественно в шоке, что так естественно зайти в публичный дом, проплатить капусту, и приступить любовью. Для себя оно кое-что вроде полета на спутник Земли. Однако уже в самом борделе я въехал, что здесь обращаются собственно к посетителю, а не в такой мере как ночные бабочки Москвы. Всё адресовано на то чтобы клиент выбросил чертовски много денег,<a href=http://www.nanodosug.com>интим</a> однако и интим услуги там классные. Кто приедет в Германию заедьте в тамошний публичный дом.
Rudolphpiek 2016/05/08(Sun)14:37:35 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» ワルキューレ
スッキリと痩せてカッコ良く見えたトムがスマスマに出演したのを見たし(『トロピック・サンダー』の時とは大違い・笑)、TV放送された『トップ・ガン』も見た。楽しみだなぁ〜ワルキューレ【story】第二次世界大戦下のドイツ。戦地で左目、右腕、左手の指2本を失った将校・シュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、祖国の平和のためにヒトラー暗殺計画に参加する。過去に40回以上の暗殺計画をくぐり抜けてきたヒトラー(デヴィッド・バンバー)とその護衛たちを前に、大佐たちの計画は成功できるのか―     監督 : ブライ...
URL 2009/04/17(Fri)21:52
» 映画 【ワルキューレ】
映画館にて「ワルキューレ」 第二次世界大戦時に実際にあったヒトラー暗殺計画を題材にした実録サスペンス。 おはなし: 第二次世界大戦末期のドイツ。名門貴族出身の将校・シュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、悪行を重ねるヒトラー独裁政権に絶望し、その暗殺を企てるレジスタンスに参加する。 ヒトラー暗殺計画がいろいろあったことは知っていますが、“ワルキューレ作戦”がヒトラーの暗殺のみならずクーデターまでも狙っていたとは知りませんでした。おまけに、ヒトラー暗殺計画って40回も失敗に終わっているのだとか...
URL 2009/04/18(Sat)14:50
» 「ワルキューレ」 計画を成功させるためには
本作「ワルキューレ」は実際に第二次世界大戦中にあったドイツ将校によるヒトラー暗殺
URL 2009/04/18(Sat)21:23
» ワルキューレ・・・・・評価額1550円
ユダヤ人でゲイという、ヒットラー時代のドイツだったら確実にガス室行きのブライアン・シンガー監督が、主演にトム・クルーズを迎えて作り...
URL 2009/04/18(Sat)23:27
» 【映画】ワルキューレ
▼動機 この頃流行の実話物 ▼感想 「へぇ~」 ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 第二次世界大戦下のドイツ。戦地で左目を負傷した将校・シュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、祖国の平和のためにヒトラー暗殺計画を思いつく。過去に40回以上の暗殺計画をくぐり抜けてきたヒトラー(デヴィッド・バンバー)とその護衛たちを前に、大佐たちの計画は成功できるのか。 ▼コメント 感想は「へぇ~」 それ以上のものもなければ、それ未満のものでもない。 この物語は実話。 そして...
URL 2009/04/19(Sun)17:17
» 【映画】ワルキューレ…君とトムと僕と僕とトムと君と
え〜っと、ブログを蔑ろにし続けているピロEKです{/ase/} ちゃんとした近況報告も含めてどのくらい放置してるんでしたっけ{/hiyo_oro/}{/ase/}… 先週からはAmazonで購入したPSPとモンハンポータブルセカンドGのお陰で、他の日常生活まで疎かになっております{/face_ase1/}(そんな風にハマってる割には下手なんですけどね{/face_ase2/})。 何故か我が家ではモンハンブームが急に到来{/ee_3/}{/eq_1/} 娘も追っかけでPSPとモンハンポータブルセカンドG...
URL 2010/01/03(Sun)07:26
» 『ワルキューレ』 2007年・アメリカ/ドイツ
『ワルキューレ』を観ました第二次世界大戦時に実際にあったヒトラー暗殺計画を題材に、トム・クルーズが主演を務める戦争サスペンスです>>『ワルキューレ』関連原題: VALKYRIEジャンル: サスペンス/ドラマ製作年・製作国: 2007年・アメリカ/ドイツ上映時間: 12...
URL 2010/01/17(Sun)00:02
» ワルキューレ
トム君のサスペンス? 予告編を観た時はそんな印象。 第二次世界大戦下のドイツ。 アフリカ戦線で左目を負傷したシュタウフェンベルク大佐は、 “良心”と“忠誠心”の葛藤に悩んだ末、 祖国の平和のためにヒトラー暗殺を考えるようになる。 彼は暗殺計画≪ワルキューレ作
URL 2010/02/23(Tue)12:08
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[05/08 Rudolphpiek]
[08/07 まさみ]
[07/30 jogson]
[08/11 まさみ]
[08/08 jogson]
[01/13 まさみ]
[01/07 jogson]
プロフィール
HN:
まさみ
HP:
性別:
女性
趣味:
とんぼ玉作り,山歩き,      バイオリン遊び
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析

Copyright © [ 創作といろいろ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]