忍者ブログ
とんぼ玉をはじめ、いろんな手作りの楽しさが伝わればいいな。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

         

―広島のある  日本のある  この世界を愛するすべての人へ―

広島の原爆がテーマの映画です。
原爆投下を体験した女性「皆実」と、その弟の娘「七波」
ふたつの時代の広島と、家族の繋がりを描いた作品。

戦争で命がけで戦った人々にはもちろんですが
その後に日本を立て直した人々にも敬意を感じます。
「勝つ」ということを盲信していたにも関わらず、敗北を突きつけられ
家族を失い、恨みと生き残ったことの罪悪感、目の前には焼け野原。
そんな中で彼らの目には明るい未来が見えていたんでしょうか。
きっとそんな簡単なものではないでしょう。
七波の言葉「前に進むしかないんだよね」

写真や映像では伝わりきらない地獄を心に抱えたまま、
しかしそれでもそこに家を作り、家族を作り、
子を産み育て、命を繋いできた。

―生きとってくれてありがとう―

本当の愛情って、きっと家族から育まれ、
それがまた家族を作っていくものとなるのでしょうね。
これは実は人間賛歌な作品だなと感じました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» ほんとうに
生きていればこそです。
死んだら花実は咲きません。
なっしー 2008/04/16(Wed)00:10:16 編集
» 無題
私も昨年、劇場で観ました!!

家族愛と、戦争と、命と、差別と・・・

強い家族の絆のすぐ傍には、『放射能を浴びた人との結婚は許さない』といった差別もあったり…

生と死が現実として、目前にあった戦争時代。
本当に考え深くて、感動する映画でした。
まめ 2008/04/16(Wed)00:57:55 編集
» 無題
この作品大好き。
劇場で観たよ。
田中麗奈もよかったけど、
皆実役の麻生久美子さんが、
はかなげだけど強くて美しい感じがしていい!

原作も読んでみたら、
ほんわかした雰囲気の絵だけど、
もっと表現がすごかった^^;

映画はかなりマイルドに仕上げたんだなぁと思ったよ…。
ゆき(たま) 2008/04/16(Wed)03:36:04 編集
» 無題
>なっしーさん

本当にそうですよね!
生きる喜び、そしておびただしい死に支えられてこの命があることも、
全てが貴重なことだと思います。


>まめさん

劇場で観てる人多いですね!
私は旦那がDVD借りてきたので知りました。
放射能を浴びた人への差別も考えさせられました。
そこにも家族を思う複雑な気持ちがあったり、難しいんですね。。
本当に核だけは無くなってほしいですね。


>ゆきちゃん

麻生さんの演技、私は初めて観たけど
すごく役にはまっていて良かった!
基本的に「映像化」というのは原作と別物になるよね。
でもこの映画の場合、家族に重点をおいた染み入るような心情表現が際立っていて、
そこが個人的には良かったかな。
まさみ 2008/04/16(Wed)19:56:11 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[05/08 Rudolphpiek]
[08/07 まさみ]
[07/30 jogson]
[08/11 まさみ]
[08/08 jogson]
[01/13 まさみ]
[01/07 jogson]
プロフィール
HN:
まさみ
HP:
性別:
女性
趣味:
とんぼ玉作り,山歩き,      バイオリン遊び
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析

Copyright © [ 創作といろいろ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]