忍者ブログ
とんぼ玉をはじめ、いろんな手作りの楽しさが伝わればいいな。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   

音楽好き・コナン好きとくれば観るしかないでしょ♪(^0^)

そんなわけで観に行っちゃいました、劇場版第12弾。

今回は音楽家をターゲットにした連続殺人事件。
音楽アカデミーの練習室が突然爆破され、事件が幕を開けます。
私は推理は全くダメなので、初めから犯人を当てようなどとは
思いませんでした。
案の定、最後まで見当つきませんでした(笑)
爆破シーンが相次いで、コナンや仲間達の危機には
けっこうヒヤヒヤ。

コナンって人が死に過ぎだけど
(推理ものだから当たり前だけど)
そんな流れにひとつひとつ丁寧に添うように
信頼の大切さを語りかけている内容が好きです。

そして、お決まりといえばお決まりの
蘭と新一の思い出エピソードもちゃんと含まれてます。
旦那は苦笑してたが(笑)私はコレ、嫌いじゃないぞ♪
重要な音楽シーンも私的には、ばっちりだと思いました。
演奏や歌声がちゃんと映画を彩っていたと思います。

今回大活躍だったのは歌手の秋庭怜子。
私の中では主役と言ってもいいくらいの魅力でした☆
劇場で流れる「アメージング・グレイス」はとても良かった。
復讐のストーリーの幕引きに赦しの歌なんて
ちょっと素敵じゃないですか。
 


(でもど~しても疑問だったのが
コナンが音痴なのに絶対音感があるらしいってこと。
そこまで音を聞き分けられるなら
音痴にならないと思うんだけどな~(^。^;)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» こんにちは。
まさみさん、こんにちは。
やはり音楽ものは良いですよね。(コナンに限らずw)
>歌手の秋庭怜子
ゲストがコレだけ活躍するのも珍しい今回でしたが、声優の桑島さんもお見事でしたし、良かったですよね(^^)

>コナンが音痴なのに絶対音感があるらしいってこと。
これは私も思いました。
これまでにも「絶対音感」ネタはあったワケですし、完全にスルーしておきながら今更こじつけないで欲しいところでした。耳が良いのは認めますけど。
たいむ URL 2008/05/09(Fri)22:42:40 編集
» こんばんは♪
>たいむさん

コメントありがとうございます☆
たしかにゲストがこんなに活躍するのは珍しかった!
ちょっと新鮮でしたね。
本当に声優さんも見事でした~♪
ストーリーにもコナンらしさがあって良かったです。

でも~コナン絶対音感説…あれはむりやり過ぎですね(^。^;
そういえば原作の方でも絶対音感ネタあったのに
スルーでしたもんね;
まさみ 2008/05/11(Sun)22:51:26 編集
» 灰原ファン
俺はコナンファンじゃなくて灰原ファンなんです。といってもロリコンじゃなくて、冷たいようで、いざというときにコナンを助けてくれるといった・・・
それにしても今回はゲストの秋庭さんが魅力的でしたね~~
kossy URL 2008/05/13(Tue)22:52:03 編集
» 灰原哀も魅力的。
>kossyさん

コメントありがとうございます。
灰原哀も魅力的ですよね~。
クールだけど根が優しくて(^^)
ここぞという時に活躍してくれちゃいますね。
あ。秋庭怜子もそんな感じでしたね☆
まさみ 2008/05/14(Wed)21:41:04 編集
» 蘭と新一
こんばんは。

>そして、お決まりといえばお決まりの
蘭と新一の思い出エピソードもちゃんと含まれてます。

ぼくもこれは好きです。
この部分があってこそのコナン。
思えば『名探偵コナン 14番目の標的』での
蘭とのキス(?)から
このシリーズにハマった気がします。(笑)
えい URL 2008/05/16(Fri)23:30:53 編集
» こんにちは☆
>えいさん

コメントありがとうございます。
そういえばキスシーン(?)ありましたね。
たしか溺れかけていたんですよね。
絵的には高校生と小学生だったけど、なんとなく微笑ましかったり(笑)
思い出エピソードは、毎回ストーリーに繋げて
よく思いつくなあと思います~。
まさみ 2008/05/17(Sat)16:10:42 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» 劇場版「名探偵コナン・戦慄の楽譜(フルスコア)」みた。
納得の行く”劇場版:コナン”が戻ってきた!本当にただ嬉しいのひと言。脚本が古内一成さんに戻っただけで、なんともあっけなく(涙) 13弾は確信していたけど、これで絶望することなく待てる。復活に感謝!(し
URL 2008/05/09(Fri)22:43
» 名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)☆独り言
はい、今年も『名探偵コナン』詣でをしてまいりました。なんだかなぁ~と思いつつも、とりあえず劇場版チェックしに出かけてしまう性、、、今回のテーマは音楽・・・音楽学校での爆破事件から始まる一連の事件堂本ホールのこけら落としのコンサートで何かが起こる?『名探偵
URL 2008/05/10(Sat)07:04
» 「名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)」真実は愛する絶対音感にあり!
「名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)」はアニメ「名探偵コナン」の映画版で今年で12弾目となる。今回は音楽コンサートを舞台に音がキーワードとなっており、犯人が次々と繰り広げる仕掛けにコナンが立ち向かうシーンには迫力を感じる事だろう。
URL 2008/05/10(Sat)07:20
» 名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア) 50点(100点満点中)
エコーズact.1 公式サイト 青山剛昌原作のTVアニメシリーズ、12作目の劇場版。 アレもコレもと適当に詰め込んだ要素がとっ散らかったままで、箸にも棒にもかからない子供騙しの愚作に終わった前作『紺碧の棺』から一転、脚本家が交代した今回は、作品の本道である犯罪...
URL 2008/05/13(Tue)20:59
» 名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)
今年はアヴェマリアとアメージンググレースの当たり年。
URL 2008/05/13(Tue)22:49
» 名探偵コナン戦慄の楽譜<ネタバレあり>
 最新作のテーマは 音楽 ですとコナンって 究極に音痴やってんな(^-^; でも絶対音感持ってるねん そしてバイオリンも弾ける  凄いんだか凄くないんだか・・・謎っ音楽家たちが 次々に殺されていくねんけど それぞれの人物の繋がりとか関係が徐々に分かって...
URL 2008/05/14(Wed)13:21
» 【2008-101】名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)Full Score of Fear
人気ブログランキングの順位は? クラシック界を揺るがす巨大な事件。 美しい旋律とともに導かれる真実。 この歌声を、消させはしない。
URL 2008/05/15(Thu)23:47
» 『名探偵コナン 戦慄の楽譜<フルスコア>』
----やはり、今年もゴールデンウイークの 興収No.1はこの映画にニャるのかな。 「おそらくね。 ここまでくると、もう『寅さん』。 大枠はいつも同じ。 コナンたちが事件に巻き込まれ、 その謎を解く中で、 蘭の命が危険にさらされる。 それと絡みあうように コナン、いや新一の蘭への思い、 そして前作に引き続き蘭と園子の友情が語られる」 ----でも、毎回、 趣向を凝らしているみたいだけど…。 「うん。今回はクラシック。 実はこの『名探偵コナン』の原作には クラシックをモチーフにしたものが多い。 作者がその方...
URL 2008/05/16(Fri)21:14
» 名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)
GW中の映画9本観まくり、4/30は、109シネマズ富谷で「あの空をおぼえてる」、
URL 2008/05/17(Sat)06:43
» 名探偵コナン 戦慄の楽譜 観てきました
 去年の名探偵コナン 紺碧の棺はいまいちでしたが、予告編のアメイジング・グレイスを聞いた瞬間、今年も観に行かなくては!!と決めていたのですが、やはりアニメ映画はレイトショーがないのでなかなか見に行けませんでした。ちょうど代休を取らなくてはいけなくなったので、ようやく名探偵コナン 戦慄の楽譜を観ることができました。
URL 2008/05/31(Sat)16:41
» コナン戦慄の楽譜(116作目)&疾風&探偵
戦慄の楽譜は地上波でして鑑賞したのだけども 結論だが音楽は満足も絶対音感を強調し過ぎだね 内容は音楽コンサートに出演するメンバー達が狙われて が蘭と喧嘩するも推理し事件を解決する展開だね 父親が不明の時点でメンバー内で容疑者2人に絞られて 絶対音感を言
URL 2009/05/09(Sat)15:01
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[05/08 Rudolphpiek]
[08/07 まさみ]
[07/30 jogson]
[08/11 まさみ]
[08/08 jogson]
[01/13 まさみ]
[01/07 jogson]
プロフィール
HN:
まさみ
HP:
性別:
女性
趣味:
とんぼ玉作り,山歩き,      バイオリン遊び
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析

Copyright © [ 創作といろいろ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]