忍者ブログ
とんぼ玉をはじめ、いろんな手作りの楽しさが伝わればいいな。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画三部作の最終章、観てきました~。

以下ネタバレなので、まだ観てない人は読まないでね!





主人公ケンヂが少年時代に仲間達と考え出した、人類滅亡のお話。
20年後、その人類滅亡のストーリー”よげんの書”のとおりに起きる事件の数々。
かつての仲間が作ったマークをシンボルにしている、謎のカルト教団。
ケンヂ達は”よげんの書”を実現させている教祖「ともだち」の正体と、
事件の真相を探ろうとする。


”ともだち”の正体など、真相はちょっと目まぐるしかった。。
でも、どちらかというと謎解きより人間らしさに重点をおいた内容だったかな?

最終章ではスッキリともだちの正体が分かります。
ひょっとしたら曖昧なままで終わるんじゃないかと思っていただけに意外。
私もちょっとだけ、ともだちの正体を推理してみましたが、全然分からなかったですね。
ともだちが、やけにケンヂとの遊びにこだわってる点から、
昔ケンヂに仲間外れにされた誰かかな?と思っていました。

ともだちの正体は、フナの解剖の前日に死んだとされていたカツマタ君。
実際にはケンヂの万引きが原因で、犯人に間違われた事から苛められるようになり、
死んだ事にされてしまっていたのでした。

誰かが誰かを嫌いになる。
そんな感情の塊が、”ともだち”だったのかも知れない。
そして「僕は悪者でもいいんだ」
というともだちの台詞からは、存在を消去されてしまった彼の
善いもんでも悪もんでもいいから遊びたかった。という歪んだ哀しみが伺えました。

逃げ続けていたケンヂも自身の弱さやずるさと向き合い、人類を救う為に戻ってくる。
決してヒーローなんかじゃないケンヂや仲間達の行動にも、人間味があります。
「自分の命が危ないと思ったら逃げろ」
これは本当の意味で命を大切に思う言葉かも知れません。
敵を殺すのじゃなく愛する人を守る、次第にそんな流れになってましたね。

ともだちに洗脳されているかと思いきや、
実はともだちの子供騙しに嫌気がさしていた人々が多くいた事も納得です~。
巨大な権力に従うしかないのはともかく、みんながみんな洗脳されてしまうなんて
ナイ・ナイって突っ込んでいたものだからf^_^;

SFやヒーローへの憧れがあった時代の夢が満載な映像も含めて、
20世紀をあらためて振り返られる内容なんじゃないかな。
誰しもに可能性のある過ちや狂気も深く掘り下げて、
最後は友達の大切さというメッセージも含まれてましたね。
重いテーマながらに、とても丁寧に人間を見つめていると感じました。

実は私、一章は観たものの、何だか興味が薄れていて。。
でもラストは原作者も唸らせたという情報に、何だか気になって観てみたわけです。
あんまりそういうの聞いたことがないので。
話が面白かったので、今度原作も読んでみたいと思います♪


そういえば私も、小学校時代にガリガリに痩せていたせいで
「ガイコツ」とか「ポルターガイスト」と言われ、死んだもの扱いされた事がありました。
でもそれはそれで、あまり気になりませんでした。
人間関係より大切なものがあったので・・・
それは、虫(爆)
そんなお子様も、どうかと思いますよね( ̄∀ ̄;
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
私はこないだやっと一章をDVDで見たよー。
原作そっくりな人がいっぱいで面白かった(笑)

原作読む?貸そうか~
ゆき 2009/09/10(Thu)01:04:51 編集
» 原作!
>ゆきちゃん

原作の人物絵と見比べたことあるけど、
ほんとにそっくりなキャスティングだよね(゜▽゜@

原作貸してくれるの?やった~
ざっと調べたら、原作では「ともだち」がふたりいるんだよね。
で、万丈目の役割がずいぶん違うような・・・?
まさみ 2009/09/11(Fri)00:03:40 編集
» こんばんは~!
映画だけでも「ともだち」の悲しみを感じられたのですね~(涙)
私も彼の行動が憎しみではなく「思い出してほしかったの?」そう気づいた時衝撃でしたよ~
罪悪感で彼を消したケンヂも攻められないですよね。人の心は難しいですね。



くろねこ URL 2009/09/11(Fri)00:12:05 編集
» ともだち
>くろねこさん

コメントありがとうございます(^O^)
原作にはなかったというラスト10分。
ともだちが生まれた理由に迫ると共に
幻想でしかない別の可能性が、とても切なかった。。

ほんの小さな過ちから、どんどん予想もつかない方へと歯車が狂っていく。
そんな人の心の難しさと、そこに向き合う展開が良かったです
まさみ 2009/09/11(Fri)18:20:33 編集
» こんにちは
まさみさん、こんばんは!

存在を無視されるっていうのは、嫌われるよりも辛いですよね。
>善いもんでも悪もんでもいいから
これはけっこう切実で叫びとでも言うほどの感情でしょう。
ともだちはその結果、自分の存在感を皆に認めさせてやろうという歪んだ感情を持つようになってしまったのかもしれませんね。
はらやん URL 2009/09/12(Sat)19:21:33 編集
» こんばんわ
トラコメありがとうございました^^

>どちらかというと謎解きより人間らしさに重点をおいた内容

私もそう思いました。
と言うか自分はそっちの方にドップリ浸った最終章でした。

存在のない人間を作り出す、そんな事はあってはならない、
と言う強いメッセージが感じられて見応えのある最終章でした^^
くう URL 2009/09/13(Sun)01:24:17 編集
» 誰にでも・・?
まさみさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

原作を読んでいた者としては結果的にともだちの正体も同じで映画ならではの要素が少ないな~とか思ってたんですが、最後の10分の映像はともだちの視点から描いてたので、そこは漫画の方にはない映画ならではの見せ方が良かったと思いますね。
・・しかし何気ない行為や出来事が、時として人を傷つけたりトラウマを背負わせてしまうというのは子供に限った事ではないですよねぇ。本作の場合はカツマタくんでしたが、ホント誰にでも起こり得る事が考えられるので、決して絵空事では済まされないリアリティもあったかと思います。


※ちなみにウチのオカンは2章まで観た時点で、なんとともだちの正体はドンキーだと断定してしまいました
メビウス URL 2009/09/13(Sun)03:17:35 編集
» はらやんさんへ
コメントありがとうございます。

>存在を無視されるっていうのは、嫌われるよりも辛いですよね。
そうなんですよね。。
周りから無視され続けると、自分や世界の存在価値がわからなくなってしまう。
あるいはその反動で、歪んだ形でしか自分の存在を
示せなくなってしまうのかも知れないですね。
その辛さを“ともだち”でリアルに表現していたと思います。
人間にとって、自分を不要な存在だと思ってしまう事ほど、
哀しい事はないかも知れませんね。。
まさみ 2009/09/13(Sun)20:27:11 編集
» くうさんへ
コメントありがとうございます。

最終章の、ともだちの正体が二転三転するあたりもなかなか楽しかったのですが、
やっぱり人間性に迫った展開、良かったですよね。

この重みのあるラストから読み取れるメッセージは、
単純なのにとても難しい事で・・・それをありのままに表現している気がしました☆
まさみ 2009/09/13(Sun)20:31:29 編集
» メビウスさんへ
コメントありがとうございます。

この作品、誰にでも起こりうる可能性があるという心理描写がリアルでしたよね。
何気ない行為が、どんな大きな問題に繋がってしまうか分からない。
さらに子供は無邪気さゆえにとことん残酷になれるという点で
いじめの深刻さも感じさせられましたね。。

そうそう、最終章は原作と違うと言われていたけど、
結局ともだちの正体は同じだったみたいですね~。
でもともだち目線のそのラストが、原作者も唸らせたみたいですね☆

あ~!正体ドンキー説、分かる気がします!
理科室事件が自作自演で・・・などなど私もちょっと疑いました~。
でもザンネン。ハズレちゃいましたね(≧ω≦)
まさみ 2009/09/13(Sun)20:39:39 編集
» 虫ですかー
こんにちは。
私は虫が苦手でねぇ・・・(^^;

すべての人間が洗脳されるなんて「ナイナイ」ですよね。みんな何かに縋りたかったのと、長いものに巻かれようとするのと色々で、人間ってホント厄介な生き物ですね。

映画は原作者が脚本を書いているので、リベンジ的要素が含まれているところが、私をはじめ原作読者を納得させたのだと思ってます。(^^)
お貸しいただけるツテもおありのようですし、是非に(^^)
たいむ URL 2009/09/15(Tue)15:09:20 編集
» たいむさんへ
コメントありがとうございます。

なぜに虫が好きなのか、自分でもよくわかりません~(^。^;
物心ついた時から・・・(笑)

人間の複雑さは、厄介でもありますね。
突飛なストーリーではあるけれど、この作品では教団やいじめなど、
「集団心理」の怖さも含んでいたように思います。

>映画は原作者が脚本を書いているので、リベンジ的要素が含まれている
なるほど!それはより興味深いです~。
20巻以上あるみたいですが(汗)、頑張って読んでみます(^0^)
まさみ 2009/09/16(Wed)00:06:49 編集
» TBありがとうございました
TB有難うございました。
20世紀少年大ファンの私は、第1章9回、第2章を5回
映画館で観賞してしまいました。
原作のあの名シーンが再現されて、さらに
ケンヂのあの歌も聞けて、結末の描き方…
原作と言いたい事は同じだけど、描き方が
異なりラスト10分は感動しました。
誰しもがともだちになる可能性があり、ともだちを
生みだしてしまう可能性もあることを…

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
シムウナ URL 2009/09/19(Sat)14:52:38 編集
» シムウナさんへ
コメントありがとうございます☆

>第1章9回、第2章を5回
な、なんと~!そんなに観に行かれたんですね!
本当に好きなんですね

私も最後がどんな感じだったのだろうと気になって
とりあえず21世紀少年の上下だけ読んでみました。
たしかにシムウナさんの仰るとおり、
細かい描き方は違えど、言いたい事は同じみたいですね(^^)特に肝心な部分が…。
最後のあたりは若干、映画より原作の方が「熱いもの」を感じた気がします。
早く1巻から読まなくちゃ♪
身近に起こりうるリアリティがあるため、
いろんな意味で鑑賞後も深く記憶に残る作品でした。

ブログに評価が出来たんですね~。
あんまり頻繁に映画を観ていない私なのですが、ぜひまた立ち寄らせていただきます…♪
まさみ 2009/09/21(Mon)20:50:28 編集
» 無題
こんにちは~♪
私は原作を未読なのですが、第1章にはすごく惹かれたんです!“ともだち”は誰?!って思って(笑)
だけど第2章からは引き気味に、、、“ともだち”が支配する世界に違和感バリバリで(笑)
最終章にもその思いがつきまとって楽しめませんでした。
ただ一緒に観に行った息子が喜んで観ていたので良かったです(笑)
由香 URL 2009/09/23(Wed)18:04:00 編集
» 由香さんへ
コメントありがとうございます。

そこは気になりだすと、とことん気になってしまいますよね~。
誰にでも集団心理にのまれる可能性があるというのは分かりますが
ちょっと大事になりすぎでした。
世界大統領という時点で、ただのギャグになってますもんね(ー。ー;
子供心や葛藤などにリアリティがあった分、舞台設定はちょっと残念。。
リアリティだけでなく、20世紀の夢や妄想も描きたかったからでしょうか。
まさみ 2009/09/24(Thu)19:22:17 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» 20世紀少年 -最終章-
友達と笑いあおう!!  
URL 2009/09/10(Thu)11:43
» 20世紀少年-最終章-ぼくらの旗
20世紀少年ついに完結!!1年間ワクワクさせてもらいました(涙)楽しかった!
URL 2009/09/10(Thu)23:43
» 「20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗」 夢見る子供じゃいられない
最近の邦画の中でもかなり大掛かりなプロジェクトである「20世紀少年」、いよいよ最
URL 2009/09/12(Sat)17:33
» 【20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗】僕が20世紀少年なんだよ
20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗 監督:  堤幸彦 出演: 唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、平愛梨       公開: 2009年8月...
URL 2009/09/13(Sun)01:18
» 20世紀少年 最終章/ぼくらの旗(評価:○)
【監督】堤幸彦 【出演】唐沢寿明/豊川悦司/常盤貴子/香川照之/平愛梨/藤木直人/石塚英彦/宮迫博之/佐々木蔵之介/山寺宏一/高橋幸宏/佐野史郎...
URL 2009/09/13(Sun)03:14
» 【映画】20世紀少年 最終章
▼動機 ラストが見たいだけ。 ▼感想 まさか、こんなサイテーな改変をするとは・・・ ▼満足度 ★☆☆☆☆☆☆ ひどすぎ ▼あらすじ “ともだち歴3年”の2019年、世界は世界大統領として君臨する“ともだち”に支配され、殺人ウイルスがまん延する東京は壁で分断。都民の行動は完全に制限されていた。そんな中、カンナ(平愛梨)は反政府組織として武装蜂起する一方、“血の大みそか”以降、行方がわからなくなっていたケンヂ(唐沢寿明)が突然現われる。 ※2017年だと思うんだがYahoo映画が2019年...
URL 2009/09/14(Mon)20:18
» 「20世紀少年 -最終章-ぼくらの旗」みた。
原作読者なので、「もうひとつの結末、もうひとりの ともだち」という映画オリジナルな結末に期待して鑑賞。ともだちの正体は、神木隆之介くんだった…と言ったらネタバレになるのだろうか?[E:coldswea
URL 2009/09/15(Tue)15:10
» 20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗
『20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗』は、浦沢直樹さんの長編漫画「20世紀少年」と完結編である「21世紀少年」の2作を、邦画史上初の3部作で実写映画化したうちの最終章です。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想
URL 2009/09/17(Thu)23:58
» 「20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗」プチレビュー
遂に、映画「20世紀少年」が完結する日になった。 初めて原作を読んでからずっと切望していた映画化。 それが3部作として現実になり・・・その夢が今日で 終わってしまうのかと思うと寂しくもなりました。
URL 2009/09/19(Sat)15:02
» 20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗
いよいよ『20世紀少年』も最終章―“ともだち”の正体は誰なのか、、、楽しみ〜【story】“ともだち歴3年”の2017年、世界は世界大統領として君臨する“ともだち”に支配され、殺人ウイルスが蔓延する東京は壁で分断され、都民の行動は完全に制限されていた。そして、“ともだち”は「8月20日正午、人類は宇宙人に滅ぼされる。私を信じる者だけが救われる。」と説いた。そんな中、カンナ(平愛梨)は反政府組織として武装蜂起する一方、“血の大みそか”以降、行方がわからなくなっていたケンヂ(唐沢寿明)が突然現われる―    ...
URL 2009/09/21(Mon)16:22
» で、出た〜!
幽霊屋敷にひとりで住んでいるゴラン男爵が、取材依頼に快諾してくれたので、早速、僕は男爵の屋敷を訪問した。大広間の暖炉の前で、男爵は車椅子に座っていた。ポマードで撫でつけた髪、カイゼル髭、いかにも男爵である。ガウンから覗いた手足や顔は、蝋人形のように青白かった。挨拶もそこそこに、幽霊屋敷に起こる現象について僕は尋ねた。男爵が黙ってニヤリと笑った。途端に、壁の中からカリカリと爪で引っ掻くような音がする。続いて二階から床を踏み鳴らす音。男爵以外誰もいないはずなのに。「こ、これはポルターガイスト現象じゃないですか...
URL 2009/09/21(Mon)17:34
» 『20世紀少年<最終章>ぼくらの旗』 2009-No33
総製作費60億円、300名を超えるオールスターキャスト。 はい。 本当にもったいないほどに豪華な出演者です。 第1章が面白かったか...
URL 2009/09/22(Tue)21:00
» 映画:20世紀少年<最終章>ぼくらの旗
 3部作もいよいよ佳境。遅くなっちゃいましたが20世紀少年<最終章>ぼくらの旗を観てきました。
URL 2009/09/24(Thu)04:34
» 【映画】20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗 レビュー
20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗 を観てきました。 映画について書くのはずいぶんと久しぶりな気がします。 155分と結構長いです。 レイトショーで観たので終電間際になってしまいました(^^; ↓公式サイト http://www.20thboys.com/index.html 最終章は、第2章の..
URL 2009/10/07(Wed)15:44
» 20世紀少年 最終章 ぼくらの旗(2回目)
[20世紀少年] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:8.5/10点満点 2009年85本目(79作品)です。 【あらすじ】 ともだち暦3年(西暦2017年)。 世界大統領として世界中を支配されている“ともだち”は、「8月20日正午、人類は宇宙人に滅ぼさ..
URL 2009/10/08(Thu)15:22
» 20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗
原作漫画は未見です。 でもこの映画のシリーズは全部観ました。 “ともだち歴3年”の2019年、 世界大統領として世界は“ともだち”に支配されていた。 殺人ウイルスがまん延する東京は壁で分断され、 都民の行動は完全に制限されていた。 そんな中、ヨシツネ率いる反政府
URL 2010/04/16(Fri)00:21
» 『20世紀少年<最終章>ぼくらの旗』’0...
あらすじともだち復活から2年後の、ともだち暦3年こと西暦2017年、東京を囲む壁の向こう側にギターを抱えた男が現れ・・・。感想ヨーロッパ最大の漫画賞と言われるアングレー...
URL 2010/10/13(Wed)07:53
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[05/08 Rudolphpiek]
[08/07 まさみ]
[07/30 jogson]
[08/11 まさみ]
[08/08 jogson]
[01/13 まさみ]
[01/07 jogson]
プロフィール
HN:
まさみ
HP:
性別:
女性
趣味:
とんぼ玉作り,山歩き,      バイオリン遊び
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析

Copyright © [ 創作といろいろ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]