忍者ブログ
とんぼ玉をはじめ、いろんな手作りの楽しさが伝わればいいな。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




我が町、東久留米市が舞台のアニメ映画です。

もうほんとに東久留米が盛り沢山~!
川沿いも神社も線路下も駅も…
み~んなそっくりそのままで、テンション上がりました☆

江戸時代に地割れにのまれた河童が現代に蘇る話ですが
その化石状態が発見されるのが、私も馴染み深い黒目川♪

そのせいかとても感情移入できて感動しました(^0^)

実は東久留米の絵が目当てで
あまりストーリーは期待せずに観に行ってみましたが
ストーリー構成もなかなか良かった!
環境問題における人間の身勝手さや、いじめ問題、
動物虐待についても、いろんな角度・視点からリアルに描かれていました。


自然や龍神の映像も迫力でしたが、犬が車に撥ねられるシーンや
河童が念力でカラスを爆破させるシーンなど残酷さもリアルでした。
なので館内からは子供の「こわ~い・・・」いう声が・・・
でも私はそんな子供向け映画もあっていいと思います。


ちょっとアレッ?と思ったのは、
父ちゃん河童が人間に対してやけに低姿勢だったこと(笑)
「妖怪」というのは自然の象徴、あるいは人間の心の中にある
自然への恐れとして描かれるのが物語としては一番正当だと思うので。
だからこの場合も人間を戒めるくらいの勢いがあっても良かったかなと。

きっともう自然より人間の方が怖いという意味でなんですね。
人間は便利さを求めて自然を破壊し続けてきたものとして。


うちの電気は、風力発電のような環境に優しいものではありません。
だけど真冬にあったかいストーブの前を
ちゃっかり陣取る我が家の猫を見て
やっぱり人間も動物も快適さは好むんだなぁと思いました。
こんなふうに人間も悪意で始めたことではないのに悲しいことです。


”毒素”は遠い宇宙の果てから降ってきたものではない。
私達の足元にあるこの地球に存在しているもの。
だからなおさら味をしめてしまうと、なかなか切り離せない。

かくいう私も完全には切り離せないのです。
しているのは些細な節約とかエコバック、車とエアコン買わないくらい。
今日もパソコンして、洗剤でお皿を洗って、お風呂でシャンプーする。


私は楽観視はしていないので、きっと人間社会にも
環境破壊によるパニックの時が来ると思います。
その時に初めて世界が変わり
みんなが動き出すのかも知れないですね。

その時にでも、きっと手遅れじゃないと思う。(だといいな。)
またやりなおせるように。
今からでも、できることを続けていきたいね☆
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» こんばんは
自分の住んでる町が舞台だと、より入って観てしまいますね。
私は、東久留米ってこんなに緑が多いのかとちょっと驚きました。
原監督らしい、ひねりの効いた力作でしたね。
この作品に盛り込まれた、様々なテーマはきっと子供たちにも響くものがあるでしょう。
個人的には、原監督にはクレしんにも戻ってきて欲しいですけど、この路線ももう何本か観てみたい気がします。
ノラネコ URL 2007/08/24(Fri)13:05:54 編集
» TBありがとうございます
メッセージ性がぎゅっと詰まった秀作アニメでしたね。
子供達にも伝わっていればいいなぁ
AKIRA URL 2007/08/24(Fri)14:26:35 編集
» 無題
あ、わたねこさん達が東久留米っての忘れてましたw

随分映画の方は良かったみたいですね^^
マーシー 2007/08/24(Fri)23:36:45 編集
» TBありがとうございます。
>ノラネコさん

とっても入り込んで観ちゃいました~(≧▽≦)
そうですね、東久留米市は緑が多いです☆
この監督はクレヨンしんちゃんの映画にも携わっていたんですよね。
さすが笑いどころのツボも押えていますね(笑)


>AKIRAさん

なかなかの秀作でしたよね!
正直あなどっていたので驚きでした~。
様々なメッセージは子供達にもわかりやすくなっていたと思うので
きっと伝わるでしょうね♪


>マーシーさん

そう☆東久留米なんですv
東久留米市民は、落合川埋め立て反対運動など
自然保護の活動にも熱いですね~
活動は平日が多いのもあり、なかなか忙しくて参加できないんですけどね。。
まさみ 2007/08/25(Sat)14:59:45 編集
» TBありがとうございました
はじめまして。迷宮映画館のsakuraiと申します。
TBありがとうございました。
なんと地元が舞台でしたか。それって妙に嬉しいですよね。それも傑作だったし。
昔、「思いでボロボロ」という映画が、山形が舞台で、通りなどがアニメで再現されていましたが、嬉しいというよりも、アニメにするより、実写の方がええやん!と突っ込みいれてました。
でも、この映画はさすが原監督。この夏一番だと思います。
sakurai URL 2007/08/25(Sat)21:34:21 編集
» 地元
まさみさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

地元が舞台になってるとそれだけでテンション上がりますよね♪あるアニメで自分の地元も舞台になっていたんですが、自分もその時はまさみさんと同じく『あ!あの本屋ってもしかして?!』『あっ!あそこの吉牛、自分が行ってるとこだっ!』って感じで狂喜してたのを今でも覚えています(笑

子供向けな反面イジメや環境問題といったものも取り上げていますが、それらも説教臭くないんですよね。強調せずさりげなーく見せているようだったので、そこも好感持てたような気が致します
メビウス URL 2007/08/26(Sun)00:30:31 編集
» ありがとうございます☆
>sakuraiさん

こちらこそTBありがとうございます~☆
思いでボロボロって、おもひでぽろぽろのことですよね?
山形はうちの旦那の父の田舎で、いい所だと聞いているので
いつか行ってみたいと思っています。
たしかに実写だったらもっと感情移入しちゃいます♪
でも河童はCGだとちょっと厳しそうですね(笑)


>メビウスさん

私も内心で狂気してました~(^▽^@
館内には同じく東久留米から来ている人もいたようで
「あそこ知ってるー」って囁きが聞こえたり。
説教臭くなく話も一方的ではない感じが私も好感持てましたし
そういうのは逆に人の心に伝わりやすいような気がします☆
まさみ 2007/08/26(Sun)21:54:51 編集
» こんにちは♪
まさみさん、TB&コメントありがとうございました!
東久留米のお住まいのまさみさんが「そっくりそのまま」っておっしゃっているのですから、丹念なロケをして絵に起こしたのでしょうね。
自分が住んでいる町が登場するとそれだけでコーフン状態になる気持ちが分かります!
(私の住んでいる町も最近立て続けに映画のロケ地になりました)
作品としても大人の心を刺激するものをたくさん含んでいたように思います。
なかなか深い作品でした。
ミチ URL 2007/08/27(Mon)10:38:31 編集
» こんばんは~
>ミチさん

こちらこそありがとうございます♪
そうなんです☆本当にそっくりそのままで
よくこんなに再現したもんだなあ~と思いました。
ミチさんのところも立て続けに映画のロケ地!いいですね~(’▽’*
この映画は内容に重みがあって大人向けとしても通用しますよね☆
まさみ 2007/08/27(Mon)21:51:19 編集
» なるほど〜
気になってた映画!東久留米が舞台なんだね。これは地元民なら観たくなるよね♪河童伝説ってその辺にあるの?

わたねこちゃんのレピュー読んで、色々環境の事で真面目に考えちゃった(たまにはw)
便利にすると、環境破壊に繋がる。だからって、便利になってそれに慣れてきた人達が昔のような生活には戻れない。
そんな悪循環を繰り返してしまっているけど、その中で無理のない程度に少しずつ、少しずつ、自然と上手に共存できるようになっていけばいいよね^^

この映画を前にも増してみたくなったよ☆ 
もも 2007/08/30(Thu)16:51:05 編集
» コメントありがと~☆
>ももちゃん

この映画、観てよかった映画No.1らしいよ♪

こういう問題を扱う時は伝わりやすさをかなり考えるから
読んでくれた人が「真面目に考えた」って言ってくれると本当に嬉しいな(^^)v

うん、無理のない程度に少しずつだよね。
そんな感じで多くの人が動き出しているからね☆
ちなみに東久留米で河童伝説は聞いたことないの~(笑)
まさみ 2007/08/30(Thu)21:25:37 編集
» TBありがとうございます
はじめまして。
TBありがとうございました。
この映画、観てから日が経つのに、熱が冷めるどころか、さらに良さがわかって来ますね。
人間の身勝手さにはやりきれない気持ちになりましたが、クゥの礼儀正しさ、自然への畏敬に救われます。
シキシマ博士 URL 2007/09/01(Sat)00:50:59 編集
» コメントありがとうございます。(^^)
私は子供の頃に東久留米に住んでいたので
楽しみにして観に行きました。
でも私が住んでいたのは西の方の団地だったので
知ってる風景はなくて、残念でした。
でも映画自体は大当たりでした。(^^)
laerl38 URL 2007/09/01(Sat)01:55:08 編集
» ありがとうございます!
>シキシマ博士さん

コメントありがとうございます♪(^▽^)
良さがじわじわしみてくるような映画ですよね。
人間の身勝手さをまっすぐに見つめる作り手の姿勢から、
本当の強さと優しさが伝わってくるようでした☆


>laerl38さん

西の団地って、ひょっとして八○団地かな・・・
私はそこに住んでいたことがあるのですが☆
駅とかもだいぶ変わりましたね。。
でも南沢緑地のあたりは変わらないままだと思いますよ♪
地元の風景共々、良い映画でした。
まさみ 2007/09/01(Sat)17:29:08 編集
» 無題
小山の坂のカットがあるとか?
なつかしー黒目川!
なっしぃ 2007/09/02(Sun)19:28:25 編集
» 無題
 こんばんは♪
 TB&コメント、どうもありがとうございました。

 「自然より人間が怖い」――深い言葉ですね。
 私も日常の便利を享受していますし。。

 おっさんが走っても走っても
 人混みから逃れることができなかったのは、
 ちょっとぞっとしました。
 自分もそのなかにいるわけですが・・・。
miyukichi URL 2007/09/02(Sun)19:49:42 編集
» コメントありがとうございます♪
>なっしぃさん

小山遺跡公園ですよね!
出てましたよ~~~☆(≧▽≦)
あそこは私も思い出深い場所です♪


>miyukichiさん

おっさんのあのシーンは見どころですよね!

この映画は自然より人間が怖いという描かれ方をしていて
そこを一方的ではないけれど真っ直ぐに描いた形が良かったです。

でも私自身としては自然と人間を切り離して考えてはいないので
人間も最後の最後では、自然には到底かなわないものだと思っています☆
まさみ 2007/09/02(Sun)20:37:17 編集
» 東久留米
いつもどうり春日部でしょと思ってたし、東久留米と聞いても九州?と思ってしまいますが、地元の風景が、あんなに丁寧に描いてもらえると嬉しいですよね~。
駅から降りて、コンビニとその周辺もリアルやったんやろな~と思います。
この映画でということが羨ましい!
aq99 URL 2007/09/07(Fri)18:07:37 編集
» コメントありがとうございます。
>aq99さん

東久留米の知名度ってめちゃ低いんですよね(´▽`;
でも地元が舞台になるって、異常にテンション上がるものですね(笑)
この映画だからこそなおさらです。
隣の清瀬駅はあまり行くことがないので
コンビニとかの風景はわからないんですが、
知っている風景の所は全部とてもリアルでしたよ☆
まさみ 2007/09/07(Fri)20:48:24 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» 河童のクゥと夏休み・・・・・評価額1600円
この夏、数少ない非シリーズ物のファミリー映画。 今は初めからシリーズ化を前提とした作品が多くて、途中から観ると訳が判らずに苦痛しか感じられない作品が多いが、これは文字通りのファミリー映画として、老若男女全
URL 2007/08/24(Fri)12:56
» 河童のクゥと夏休み
笑顔と涙いっぱい。
URL 2007/08/24(Fri)14:21
» 『河童のクゥと夏休み』
□作品オフィシャルサイト 「河童のクゥと夏休み」□監督・脚本 原恵一 □原作 木暮正夫(「かっぱ大さわぎ」「かっぱびっくり旅」)□キャスト(声) 田中直樹、西田尚美、なぎら健壱、ゴリ、冨沢風斗、横川貴大、植松夏希■鑑賞日 8月19日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆ (5★満点、☆は0.5) <感想> 人間が犯して来た環境破壊へのメッセージを、河童のクゥと、クゥを発見したある家族とのひと夏の触れ合いを通して描いていく作品だ。 客席はやはりファミリー層、特に母親と小さな子供たちが...
URL 2007/08/24(Fri)17:18
» 河童のクゥと夏休み
この夏、私が一番見たかった映画。やはり名作でした。
URL 2007/08/25(Sat)21:30
» 河童のクゥと夏休み(評価:☆)
【監督】原恵一 【声の出演】田中直樹/西田尚美/なぎら健壱/ゴリ/冨沢風斗/横川貴大/他 【公開日】2007/7.28 【製作】日本 【ストーリー】 夏休み前のある日、康一は学校の帰りに拾った大きな石を家に持って帰り、それ
URL 2007/08/26(Sun)00:21
» 【2007-108】河童のクゥと夏休み
人気ブログランキングの順位は? 何百年もの時を超え 康一の家にてやってきた ちいさな訪問者 名前はクゥ 人間の世界に迷い込んだ、河童のクゥと 少年・康一が贈る感動の物語 人間の友達ができちまった。
URL 2007/08/26(Sun)22:18
» 映画 【河童のクゥと夏休み】
映画館にて「河童のクゥと夏休み」 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』などで高い評価を受ける原恵一監督が、5年の制作期間を経て完成させたアニメ超大作。 おはなし:夏休み前のある日、康一が学校帰りに拾った石を洗っていると、中から河童の子供が現れた。クゥと名づけられた河童は人間と同じ言葉を話し、初めは驚いた家族もクゥのことを受け入れ一緒に暮らし始める。 夏休みとあって劇場には子供の姿が多かったですけど、このお話は大人の心にこそ響く物が多かったように思います。 冒頭の江戸時代のエピソード...
URL 2007/08/27(Mon)10:34
» 河童のクゥと夏休み
アニメは好きだけれど、 テレビの宣伝で見るこの映画の絵に全く興味が沸かなかった。 しかし、 私の大好きな作品「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲 」の監督、 原恵一氏の新作というならば話は別だ。 しかもこの映画は、 私が子供の頃に住んでいた
URL 2007/08/31(Fri)14:02
» 河童のクゥと夏休み/田中直樹、西田尚美
子供向け映画なのに子供がほとんどいない客席ってどうよ?(笑)まぁお客さん自体が20人ちょいなんだけど夏休み中のファミリー映画でこういう環境だと落ち着いて観賞出来て助かりますぅ。今回は貯まりに貯まったTOHOシネマズのポイントで勝手に無料鑑賞キャンペーン中♪ 公....
URL 2007/08/31(Fri)21:34
» 「河童のクゥと夏休み」 なぜ人間は、こんなに愚かなんだろう…
「河童のクゥと夏休み」。このタイトルから、のどかな日本情緒あふれる映画を想像していたら大間違いでした。 やはり、「クレヨンしんちゃん〜嵐を呼ぶモーレツ!大人帝国の逆襲〜」の原恵一監督。 ここでも、人間社会を痛烈に風刺しています。
URL 2007/09/01(Sat)00:52
» 河童のクゥと夏休み [Movie]
 映画 「河童のクゥと夏休み」(原 恵一:監督)  を観てきました。    いいという評判は耳にしてましたが、  期待以上でした。  ものすごく、ものすごくよかったです!!  子ども向けだとバカにせず、  ぜひ皆さんに観ていただきたいです。  クゥがたまらなくかわいいです。  声もGOOD!  冒頭から泣かされてしまい、  途中もところどころで泣き、  最後はエンドロールの主題歌を聴きながら  まだ涙が出てきてました。  映画館出るときには、目が腫れてたくらいです^^;;  泣かせる映画=良作、...
URL 2007/09/02(Sun)01:10
» あやかの日記
小学校2年生のあやかの日記です
URL 2007/09/02(Sun)01:29
» 「河童のクゥと夏休み」みた。
これといって不満はないけれど、とびっきりご機嫌でもない毎日。なんとなく同じペースで生き、同じものからはみ出さないように暮らす。そんな日常に舞い込んだ非日常。同じものから違うものへ、立場が変って初めて
URL 2007/09/03(Mon)23:47
» 「河童のクゥと夏休み」 幼児あるある
『モーレツ!オトナ帝国の逆襲』『アッパレ!戦国大合戦』から5年。 その間、衰えゆく『クレヨンしんちゃん』映画版を延々見せつけられてるんだから、相当なものを見せてくれないと許さんよ! と思ってたけど、そんな予想軽く超えてました。 常田富士男似の声(なぎら健壱)のお父ちゃんと子供が喋ってると、それが実は河童親子の会話でビックリ! さらに、それが江戸時代でビックリ! その江戸時代を舞う蛍が、『武士の一分』以上の出来栄えでビックリ! 河童は長生きだから、そのまま現在まで至るんかと思えば、タイムスリップ(化石化?...
URL 2007/09/07(Fri)18:07
» 「河童のクゥと夏休み」
公開中のアニメ映画「河童のクゥと夏休み」を観賞。 監督・脚本・製作:原恵一 原作:木暮正夫 音楽:若草恵 主題歌:大山百合香 美術:中村隆 声優:冨澤風斗、横川貴大、植松夏希、田中直樹、西田尚美、なぎら健壱、ゴリほか 上映時間:138分 配給:2007日本/松
URL 2007/09/13(Thu)14:40
» 河童のクゥと夏休み−(映画:2007年110本目)−
監督:原恵一 声の出演:冨沢風斗、横川貴大、田中直樹、西田尚美、松元環季、植松夏希、なぎら健壱、ゴリ 評価:80点 公式サイト 決してかわいいとはいえないクゥのビジュアル。その他の登場人物たちについても、ジブリの絵を見ているときのような感動は覚え....
URL 2007/10/01(Mon)22:32
» 河童のクゥと夏休み
2007年製作の日本映画。 木暮正夫の同名児童文学を「クレヨンしんちゃん」劇場版シリーズを手がけた原恵一監督が映画化した感動ファミリー・アニメーション。不思議な力を秘めた河童のクゥと出会った少年のひと夏の冒険を、家族の絆や友情の大切さを織り込みつつさわやかに綴る。 <b>もう泣いた泣いた。これでもかっていうくらいに泣きました。</b>『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』での第6回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞など、数々の賞を受賞してきた...
URL 2007/11/28(Wed)11:29
» 河童のクゥと夏休み
 {amazon}  アニメ映画『河童のクゥと夏休み』 我が第二のふるさと東久留米市が舞台ということもあり、 ついつい細部の景色まで気を配ってみてしまいました。 見事に東久留米を再現している
URL 2008/08/05(Tue)15:40
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[05/08 Rudolphpiek]
[08/07 まさみ]
[07/30 jogson]
[08/11 まさみ]
[08/08 jogson]
[01/13 まさみ]
[01/07 jogson]
プロフィール
HN:
まさみ
HP:
性別:
女性
趣味:
とんぼ玉作り,山歩き,      バイオリン遊び
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析

Copyright © [ 創作といろいろ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]