忍者ブログ
とんぼ玉をはじめ、いろんな手作りの楽しさが伝わればいいな。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



映画「ローズ・イン・タイドランド」 監督テリー・ギリアム。
ちょっと不気味な不思議の国のアリス。そんな感じの映画。

この映画で、私が注目したのは、人間の最強の武器「ユーモア」。
ダークなユーモアを含んだこの映画。
過酷な現実を、独自の想像力と無邪気さで
逞しく生きる少女・ジェライザ=ローズ。

ローズの両親はジャンキー。友達は頭だけの人形。
映画始まってすぐにママは薬のやりすぎで死んでしまう。
それがまた滑稽で激しい死に方で、観ている者の笑いを誘う(笑)
さらにそこでローズの一言。
「悲しまないでパパ。ママのチョコを食べよう」(おいおい)
そしてママを盛大に見送るために、パパと一緒に
ママの遺体を好きだった靴やら化粧品やらで埋め尽くす!
ここまででも旦那と一緒に爆笑してしまった。

そしてパパと一緒に亡くなったお祖母ちゃんの家に行くが
そこでパパも、薬での”休暇中”に死んでしまう。

大草原と古い家。不思議な言葉をしゃべるリス。
空想の海の底を泳ぐローズ。
奇妙な隣人との、ちょっとマセた恋。
その隣人の姉に剥製にされたパパ。
そのお腹の中に放り込んだ人形の頭、
笑いながらパタパタ飛んでいる。

なんて不気味。狂気の世界。
こんなダークなユーモアを気持ち悪いと思う人もいるはず。
でも私はこんな内容に、マークトウェインの小説「不思議な少年」の
サタンの言葉を思い出しちゃいました。

”君たち人間ってのは、どうせ憐れなものじゃあるが、ただ一つだけ、
こいつは実に強力な武器を持っているわけだよね。
つまり、笑いなんだ。
権力、金銭、説得、迫害――
そういったものにも、巨大な嘘に対して起ち上がり、
いくらかずつでも制圧して――そうさ、何世紀も何世紀もかかって、
少しずつ弱めていく力はたしかにある。
だが、たったひと吹きで、それらを粉微塵に
吹き飛ばしてしまうことのできるのは、この笑いってやつだけだな。
笑いによる攻撃に立ち向かえるものはなんにもない。”

”笑い”の強さ。
ジェライザ=ローズは、孤独で残酷で厳しい現実を
子供ならではのユーモアたっぷりな想像力で生き抜いている。
そのリアリティ。”笑い”こそが人の生きる最大の力ではないか。
一見気持ち悪いダークなユーモアの中にこそ
現実における”笑い”の力の強さが潜んでいるのではないか。

そんなふうに感じた映画だった。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
まめです☆

初コメントです(≧∀≦)∨
今、上映中の映画なんですか?それともビデオ?
なんか面白そうです!!
見たいです!!

ただただ、笑わせるだけじゃなくて、メッセージ性を含んだ内容なんですね~♪

面白そ~う(≧∀≦)∨
まめ 2007/02/26(Mon)23:48:54 編集
» コメントありがとう♪
まめさん、初コメントありがとう~*

これはDVDを借りて観ました!
記事は私なりの解釈も入っちゃってるけど
監督も子供の強さを描いたみたいですよ☆

なかなか面白くてオススメです(^.^)v
まさみ 2007/02/27(Tue)20:17:16 編集
» こんばんは
ご訪問ありがとうございました。
正直言って期待通りではなかったこの映画ですが、キャラクター造形だけはなかなかシニカルで面白かった。
笑いと表裏一体の悲しみが端々に見えるのが切なかったですね。
ノラネコ URL 2007/03/12(Mon)03:16:47 編集
» 初めまして☆
コメ&TBありがとうございました★

私もつい笑わずにはいれませんでした。不謹慎ですが、こういう映画はやっぱりビールを飲みながら楽しみたいですね!
そうしないといろいろ考えてしまって、ついしんみりしてしまいます…。
ももも URL 2007/03/12(Mon)14:29:00 編集
» ノラネコさん、もももさん ありがとうございます。
>ノラネコさん

コメント・TBありがとうございます!

悲しい現実を逞しく生きる主人公は本当に切ないですよね。

私はあえて笑いの視点の強さに着目してみましたが
子供ってこういう強さを持ってるんですよね。

演技もすごく上手くて引き込まれちゃいました!


>もももさん

コメント・TBありがとうございます!

まさにお酒を飲みながら観ていました~(´▽`;
こういう子って逞しく生きていきそうだけど
逆に末恐ろしかったりもするのかも・・・

にも関わらずこの映画はハッピーエンドな感じの終わり方でしたね。
ともあれ良かったなあと思いました^^
まさみ 2007/03/12(Mon)21:49:10 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» ローズ・イン・タイドランド・・・・・評価額1200円
気の抜けたシャンパンみたいだった空虚な大作、「ブラザーズ・グリム」に続いてテリー・ギリアムが送り出してきたのは、「嫌われ松子」が裸足で逃げ出す、とんでもなく悲惨な少女ローズの物語。 彼女が生きるのは、残酷な現実に
URL 2007/03/12(Mon)02:54
» ローズ・イン・タイドランド
地方に住んでいるのでなかなかこういった作品は見れず、やっとレンタル解禁になりました。「ローズ・イン・タイドランド」です
URL 2007/03/12(Mon)14:13
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[05/08 Rudolphpiek]
[08/07 まさみ]
[07/30 jogson]
[08/11 まさみ]
[08/08 jogson]
[01/13 まさみ]
[01/07 jogson]
プロフィール
HN:
まさみ
HP:
性別:
女性
趣味:
とんぼ玉作り,山歩き,      バイオリン遊び
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析

Copyright © [ 創作といろいろ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]