忍者ブログ
とんぼ玉をはじめ、いろんな手作りの楽しさが伝わればいいな。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



食わず嫌いだったデスノート(笑)
旦那が借りてきた前編が以外と面白くて、立て続けに後半も見ちゃいました。

名前を書くだけで人を殺せるデスノートを使って
犯罪者を殺していく自称・救世主の主人公「月(ライト)およびキラ」と
彼を捕まえようとする名探偵「L」&警察。
この頭脳戦はすごくて見物。

Lというキャラクターが人気だったというのは聞いてましたが
なるほど、それがよくわかりました。
Lの立ち位置や思想、潔さ、気味の悪い面白さもいい味出してると思う。
ただ強烈な甘党ぶりは観ている者の吐き気を誘います(´д`)

対するキラは正義の履き違えや、法律を勘違い
(法学部を出てる旦那がしきりに「法律をわかってない!」を連呼していた)
果ては良心の問題、生命論の完全欠如など、おかしなところが多いですが…
狂信的になっている彼は他人の言葉には一切耳を貸しません。

名前を書くだけで人を殺せるノートなんてものはともかくとして
実際にキラのように犯罪者を抹殺していく人が現れたら
作中のようにたくさんの信者が集まるでしょうね。
私はそれには属しませんが。

実は私は漫画の方も一巻と最終巻だけ読んでます。
え~と…ぶっちゃけダラダラしてそうで最初と最後以外を読む気になれず(笑)
最終巻でとても印象深い台詞が出てきます。

キラに対して放たれたLの後継者?の台詞。
「まともな人間なら興味本意でノートを使ったとしても
起きてしまった事に驚き、悔やみ二度とノートは使わない。
キラは神になろうなどと勘違いしているクレイジーな大量殺人犯だ」
しかも「私利私欲のために何人か殺してしまう人間の方がまだまともと思う」
とまで言ってしまうんですよ。

そして死神リュークの台詞。
「死は誰にでも平等に訪れる」
キラの負けとみた死神リュークが、この台詞と共にデスノートにキラの名前を書く。
うまく言えないけど、ストーリー上で第三者的な存在が
自然現象と同等の位置づけが出来る行動に走ってくれるのは好き。
人間には、まとめるのに限界のある答えもあるから
そういうときは自然とかの大きな枠から物を見るのも大事と思うわけで
たぶんそういった感じ方から、好きなのかも?(スケール大きすぎ)

映画ではデスノートを使った人間は天国にも地獄にも行けず
無に帰るという事になっちゃってましたが
漫画では誰もが死後は無という内容でした。
どうせならこの辺は変えないでほしかったかも。


でも映画の良かったところ。
キラのお父さんとLが更にいい役どころだった。

息子の思想を否定する姿勢と、親としての悲しみを鹿賀丈史がうまく表現していた。
Lのやり方への不信感から和解までのやりとりも良かった。
何より、月がキラでなければいいと思いながらも
自分の捜査を徹底し、命もかけたLには普通に感動しましたよ。
ラストでキラの父親との穏やかなやりとりのあと、一人ひっそりと死んでいく姿も。
キラにも平等な死を与えた死神もよかった。


一言で言っちゃえば哀しいお話。
この映画は人の持ちうる曖昧な答えをそれとして上手くまとめ上げましたね。


ちなみに個人的な感情として、これまで自分が得た様々な思想から
私はたとえ家族が殺されても犯人を殺そうとは思わない。
そこに救いがないこともわかっているし
それを望む人も、私の家族にはいません。
それが良いとか悪いとかいう問題じゃなくて
ただただ、そういう人が家族にはいない、というだけです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
原作よみましたが、途中から頭がまわらなくなってしまいましたw
でもわたしは映画より原作が好きです。
リティ 2007/04/26(Thu)21:20:09 編集
» リティさんへ
私は映画ですら頭がまわらなくなってましたw
あの頭脳戦にはついていけないよ;;
原作最終巻の台詞が良いと思いました~
いずれがんばって全部読んでみようと思います☆
まさみ 2007/04/26(Thu)23:01:30 編集
» TBありがとうございました
こんばんは♪
>一言で言っちゃえば哀しいお話
そうなんです、「悲しい」じゃなくて「哀しい」の。
原作も素晴らしかったけれど、ちょっとダレた部分をカットしてよくまとめてありました。
Lの取った態度、そしてリュークやレムの態度も感動的でしたよね。
ミチ URL 2007/04/27(Fri)21:50:55 編集
» ミチさんへ
ですよね。主人公もそれを取り囲む人物達も哀しい作品でした。
死神もそれぞれの役割がきちんと成されていたように思えます。
まさみ 2007/04/28(Sat)13:30:08 編集
» こちらにも。。。
お邪魔します。
これは、漫画が原作だから…とあなどって、息子に誘われて渋々と鑑賞しましたが、私がドップリハマってしまいました。
なかなか面白いストーリーでしたよね。Lとキラのキャラも良かったです。
映画を気に入ったので、後から原作も読んだんですよ(笑)
由香 URL 2007/04/30(Mon)11:22:24 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» デスノート
{amazon}  映画版『デスノート』前編・後編共に遅まきながら 観ました。これを観て、フランス革命の後に起きた 恐怖政治を行ったロベスピエールを月(ライト) と重ね合わせる人は少なくないかもしれない。 いや、ライトのようなタイプは多数想像し
URL 2007/04/26(Thu)22:30
» 映画 【DEATH NOTE デスノート the Last name】
映画館にて「DEATH NOTE デスノート the Last name」 大人気コミックの映画化第2作。 第一作のラストから続くような始まり方、そしてデスノートにまつわる決まり事を“How to use it”として説明してくれるのでとても親切な導入部分だった。 人物紹介、ノートの使い方の説明に終始していた前編にくらべて、後編はいよいよ月(ライト、藤原竜也)とL(エル、松山ケンイチ)の頭脳戦、心理戦が見所になる。 直接対峙して本音をチラつかせながら、相手の裏の裏をかこうとする攻防はなかなか見応え...
URL 2007/04/27(Fri)21:46
» DEATH NOTE -デスノート- the Last name
俳優陣の演技と,仕掛けられた巧みなトリックが, 時間の長さを打ち消し,映画として満足の完成度。
URL 2007/04/28(Sat)10:41
» DEATHNOTE 〜theLastname〜<ネタバレあり>
前編をこないだ TVで観たばっかりなんで頭に入ってるし直ぐに続きが観れてラッキーなワタクシです前編は大まかなストーリーを知っていたのだが 後編は全くの未知で原作コミックは読んでないし ホンマにドキドキの展開でどうなるんやろ どうなるんやろ って 最後ま...
URL 2007/04/29(Sun)02:23
» DEATH NOTE complete set
3月13日未明。我が家に『デスノート』が降臨した。使者Amazonによって届けられたそれは、少々パサついた私のハートを甦らせた。き・き・きゃ~~~L LLLLLLL  えっるぅ~L。。。【story】夜神月(藤原竜也)はエリート大学生。類稀なる天才である彼は、偶然死神リュークの『DEATH NOTE』を手に入れた。そこに名前を書かれた者は死ぬ―月(らいと)は、将来は警視総監になれる逸材と言われていたが、法による正義に絶望し、デスノートで罪人を次々と粛清していく。世間は、犯罪者のいない理想郷を作ろ...
URL 2007/04/30(Mon)11:17
» 『DEATH NOTE デスノート the Last name』
藤原竜也主演で実写映画化された『デスノート』の後編。前編は地上波のテレビ放送で観
URL 2007/04/30(Mon)11:25
» デスノート the last name
「デスノート The Last Name」です。要は後半ってこと。試写会チケットをもらったので行ってきました。 マンガ
URL 2007/05/01(Tue)11:49
» DEATH NOTE 後編&疾風伝&ロス:タイム:ライフ
DEATH NOTE 後編は初めて鑑賞したけども前編よりも凄く良い感じだし 昨日からL公開してるけど今週の16日の土曜に鑑賞するから楽しみだ 内容としては前編で月が恋人をNOTEを使い殺してLの捜査本部に潜入し ミサミサが変な男に追い掛けられNOTEを所有した
URL 2008/02/10(Sun)20:22
» 【DVD】DEATH NOTE デスノート the Last name
▼状況 ライブラリより拝借 ▼動機 前編を見たら続けて後編が見たくなった ▼感想 この緊迫感! ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 死神のリュークが落とした“デスノート”を手にし、殺人鬼キラとして凶悪犯を抹殺してきた夜神月(藤原竜也)。恋人が死んだ事件をきっかけに、キラ事件の捜査本部に入り込んだ彼は、キラ事件を解明するためにインターポールが送り込んできた天才青年L(松山ケンイチ)と壮絶な頭脳戦を繰り広げることになる。 ▼コメント 前編だけを見て「L change th...
URL 2009/06/01(Mon)00:27
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[05/08 Rudolphpiek]
[08/07 まさみ]
[07/30 jogson]
[08/11 まさみ]
[08/08 jogson]
[01/13 まさみ]
[01/07 jogson]
プロフィール
HN:
まさみ
HP:
性別:
女性
趣味:
とんぼ玉作り,山歩き,      バイオリン遊び
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析

Copyright © [ 創作といろいろ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]