忍者ブログ
とんぼ玉をはじめ、いろんな手作りの楽しさが伝わればいいな。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  

「快楽登山のすすめ」 著:原 真
この方の登山の心得は、さすが。
山好きな私の憧れです。

ちょっと引用してしまいますと・・・

『苦痛と快楽を明確に区別して、「苦痛を通り抜けたあとに快感がくる」と考えるのは、
必ずしも正しくはないと私は考える。
そういう仮定は、「苦労して山に登るのは頂上に立つ楽しみのため」
といった初歩的な思いちがいに通じる。
「苦痛とともに、同時的に快感がある」と理解すべきであり、その観点からいえば、
「適切な苦痛は相応の快感を生む」となる。
苦痛と快楽の和が、すなわち快楽なのである。』

これ、かなりよくわかります。
頂上にたどり着く瞬間が快楽なのではなく
苦痛を感じつつ、登っているその時こそが快楽なんです。

『山へ登るのに、案内書はなるべく読まないほうがよい。
地図と磁石だけを頼りにして登るのがいちばん。
案内書を読めば発見が減り、それだけロマンも失われる。
山へ登ることのいちばん大切な楽しみは発見であり、
自身で発見しようとする気持ちの中にこそロマンがあるのだから。
本当なら地図も持たないほうがよいのだが、それでは時間もかかりすぎるし、実力の裏づけもいる。
妥協して、地図と磁石だけは持ってもよい。私としては、そんな気持ちだ。』

案内書や標識に頼りっぱなしの私には、耳が痛い限りです。
でも本当に納得。
登山は、冒険心や探求心を刺激してこそ、本物。
私もいつか地図と、ちゃんとした磁石で山登りがしたい。
私のは山登りというよりは、せいぜい山遊びですもの~。

先週、旦那と一年ぶりくらいの”山遊び”(笑)に行ってきました。
わりと近くの日和田山。
ユガテだけ行くつもりだったのが、目の前に山があるのに
登らずにいられるかっちゅうの!・・・となってしまい。
(そうなりそうだったので、それなりに準備はしていきましたけど~)

そこでやたらと雄弁に話しかけてきた、おじさん。
「こういう標識ばっかりの山には、あんまり来ないんだ
 地図と磁石だけで登るのが楽しいから」
なんと原 真と同じことを言っていた。
あなたも快楽登山のすすめを読んだの?
それとも、あなた原さん?(笑)
本物登山を、本当に楽しそうに話すおじさん・・・輝いておりました。
私もあんな中年になりたいですわ。

   
そのおじさんと、友人とおぼしき人が
「一等三角点」(上の写真)なるものの存在を教えてくれた。
日和田山に向かう途中の、物見山にそれはあった。
昔の陸軍が測量のために作ったという、十字を掘り込んだ石。
まだ発見されていないものもあるらしい。
世には「一等三角点マニア」もいて
石をひと欠け削って持ち帰る人もいるとか・・・。
もちろん私達はそんなことしませんでしたよ(^。^;

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
おはようございます。お久しぶりです^^
私のところには山らしい山ありません。丘て言った方がいいかも・・・一度も山登り経験したことがありません。頂上に達したとき気持ちいいだろうな~~
ちゅらたまなー・・またはsmily URL 2007/02/08(Thu)09:56:13 編集
» お久しぶりです~
そういえば、沖縄は山があるイメージではないですね。
やっぱり沖縄は海。
沖縄の海めっちゃ行きたいです~
山登りはホントに気持ちいいですよ♪
日本人の血なのかなぁ…やっぱり富士山に
登るのが一番楽しかった。
今は、、登りきれるかなあ(´▽`;
まさみ 2007/02/08(Thu)21:51:48 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[05/08 Rudolphpiek]
[08/07 まさみ]
[07/30 jogson]
[08/11 まさみ]
[08/08 jogson]
[01/13 まさみ]
[01/07 jogson]
プロフィール
HN:
まさみ
HP:
性別:
女性
趣味:
とんぼ玉作り,山歩き,      バイオリン遊び
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析

Copyright © [ 創作といろいろ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]